キャンプ中の危険回避!山の中、川沿い、海沿いでテント設営の安全対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプで欠かせないギア(道具)はテントです。
山の中・川沿い・海沿いでテントが設営できるスペースがあれば、どこに設営しても大丈夫なのかというと…決してそうとは言えません。
寝心地が良い場所なのか、安全な場所なのか…気をつけるポイントがいくつかあります。ただ「見晴らしがいい場所だから」という理由だけでテントを設営すると、危険と隣り合わせでキャンプを楽しむことになってしまいます。
また、場合によっては他のキャンパーに怪我を負わせてしまう可能性もあります。そうならないために記事を参考にしてみてください。

テント設営で気をつけるポイント

風の通り道にテントを設営しない!

川沿いや海沿いなどは、風の通り道になっている場所にテントを設営しないでください。
しっかり地面にペグを打ち込んでテントを固定しても、吹き続ける強風には勝てません。

テントの中に重い荷物を入れていてもテントが壊れれば、ポールやペグなどの部品が飛んでいき、他のキャンパーに当たってしまう恐れがあります。

川沿いや海沿いは水分を多く含んでいるため、地盤が柔らかいのでペグが刺さっても外れやすい場合があります。
ペグをしっかり刺せる場所を選びましょう。

川のすぐ側にテントを設営しない!

川が流れているすぐ側にテントを設営しない。
夜間に少しでも雨が降れば、川の水位は上がっていきます。
気がつけばテントが川の中で、身動きが取れなくなってしまう危険があります。また、いろんな道具が流されてしまい、川を汚してしまう結果に繋がります。

山は平野部に比べて、雨が降りやすい場所です。
天候が不安定な場合は、川沿いから離れた場所でキャンプをするか、場合によっては中止にするなど慎重に行動してください。

川の流れが急に早くなったり、水位が上がっているような違和感を覚えてから荷物を片付けたとしても、おそらく間にあいません。その場合は、速やかに避難しましょう。

道具よりも命を優先することが大事だね。

崖の上、崖の下にテントを設営しない!

崖の間や側にテントを設営しない。
崖の下にテントを設営すると、強風で石や岩などが落ちてくる危険があります。
また、崖の上でも、強風が吹けばテントごと崖に落ちてしまう危険があるので、不安定な場所での設営は避けましょう。

崖の下にテントを張りたくなる気持ちもわかりますが、崖の上がどういう状況かわからないので、少しでも危険だと感じる場所は避けましょう。

木の真下にテントを設営しない!

急な天候で雷が発生した場合、木に落ちる可能性があります。
雷は高い所に落ちる傾向があり、木に落ちた雷が樹幹を離れ、近くにいる人や物を通って、地面に逃げるという現象(側撃雷)が起こります。

側撃雷とは、直撃雷の周囲で起こる放電のこと。落雷後、樹幹から近くの人や物を通って再放電することを言います。

山でテントを設営する場合

なるべく凹凸がなく、傾斜のない平地を選ぶようにする。

傾斜にテントを設営すると眠れません。傾斜をなくすために寝袋の下にクッションを入れて平行すれば寝やすくなりますが手間がかかります。

テントの設営跡があれば、そこは平地の可能性があります。 設営した形跡を探して立てるのもポイントの一つです。

また、木から少し離れた場所に設営することで落雷の危険がなくなります。
設営する前に周りを見渡してよく調べてください。

【ポイント】

  • 傾斜のある場所を選ばない
  • すぐ側に崖がある場所を選ばない
  • 木の真下にテントを設営しない
  • 蜂の巣などがないか確認する

川沿いでテントを設営する場合

川沿いの低い位置ではなく、少し離れた高い位置に設営する。
川から離れた木が生えている辺りだと、水位が上がっても巻き込まれる確率は低くなります。

それでも川の側がいい方は、川の上流の天気を調べて、十分注意してから楽しみましょう。

雨が降った後は、川の流れが早い場合や、上流から木々など物が流れてくる可能性があります。子供とキャンプを楽しむ場合は、一人で川に行かせないでください。

【ポイント】

  • 川のすぐ側にテントを設営しない
  • 少し離れた高い場所に設営する
  • 念のため、上流の天気を確認する
  • 子供を一人で川に行かせない

ファミリーキャンプで小さい子どもを連れていく場合の注意事項!

海・湖の側でテントを設営する場合

季節によりますが、海や湖の近くは強風が吹いている場合があります。
木や車で風を遮ることができれば、テントが飛ばされる可能性は低くなります。
なるべく、風を遮ることができる場所を選びましょう。

【ポイント】

  • 木などで風を遮れる場所にテントを設営する
  • 何もない場合、車で風を遮るよう工夫する

まとめ

森や川などの自然の中で、一時的に生活を楽しむのがキャンプです。

開発されたキャンプ場は十分設備が整っており安全なので、危険を感じることが少ないかも知れません。ですが、自然の中に身を置くということは、常に危険と隣合わせになることを忘れないでください。

天候によって、予想外の事態が起こる可能性もあります。
慌てず慎重に行動しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品の扱い方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE