地質に合わせて使い分け!「ペグ」の種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプで欠かせないギア(道具)といえばテント。テントを設営する際に必要となる「ペグ」も同様に、とても重要なギアなんです。どういうギアなのか、どんな種類があるのか、どんなものを選べばいいのか?ペグについておさらいしましょう!おすすめのペグや活用法などもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「ペグ」ってどんな道具?

テントやタープを地面に固定するための杭を「ペグ」といい、ハンマーで地面に打ち込んで使用します。
風の影響を受けやすいテントやタープを支える重要な役割りをするので、どんなペグを使うか慎重に決めなくてはなりません。

地質によって使い分けをすることで、ペグの能力を最大限に生かすことができ、また安全性を保つことができます。使い道に合ったペグを選ぶために、ペグの種類と特徴をチェックしていきましょう。

いろんな種類がある「ペグ」

ペグには様々な種類があり、「形状・材質」などで名前が付けられています。

ペグの形状

イラストはイメージです。
製品によって、形状・デザインは異なります。

ピンペグ

ヘッド部分がフック型やリング型になっている、ベーシックな形状のペグです。芝生には適していますが、アルミ製の物は強度が低く、硬い地面には適していません。

ネイルペグ

ヘッドと先端が一直線になっており、ハンマーで叩いた衝撃が伝わりやすいのが特徴。石まじりの硬い地面でもペグを打ちやすいです。

U字・V字ペグ

本体がU字・V字になっており、重ねてコンパクトに収納できます。やわらかい地面に適しており、砂浜、雪などで活躍します

X字・Y字ペグ

本体がX字・Y字になっており、軽いうえに折れ曲がりにくいペグです。芝生や石まじりの硬い地面でも使いやすく、接地面が広いため抜けにくいです。

ペグの材質

イラストはイメージです。
製品によって、形状・デザインは異なります。

重くて頑丈!鍛造製とスチール製

鍛造(たんぞう)製は最も強度が高いペグで、価格も1本約400円と高価。
スチール製は、鍛造製には劣りますが十分な強度を持っており、安価で購入できます。

とても軽い!チタン合金製とジュラルミン製

チタン合金製は錆に強い素材で、強度もあり軽いです。価格は1本約300円と高価。
ジュラルミン(アルミ合金)製の強度はチタン合金製に劣りますが、Y字・X字ペグのような形状にすることで十分な強度になります。また、安価で購入しやすいです。

キャンプ地にあった「ペグ」を選ぶ

野営キャンプの場合

キャンプ場を利用しない場合は、地面に直接ペグを打ち付けるため、キャンプ地の地質に合わせてペグを選びましょう。
積雪のある場所、砂浜などはU字・V字のペグ
石まじり硬い地面の場合は鍛造製の強いペグが適しています。

このように、整備されていない・特別な条件のキャンプ地では、使用するペグが特定されやすいので注意しましょう。

キャンプ場を利用する場合

キャンプ場のような整備されたキャンプ地では、必要以上のスペックを選んでお金をかける必要はありません。
そこでおすすめしたいのが、スチールペグジュラルミン製のY字ペグです。
どちらもキャンプ場で使用するには十分の強度を持ち、何より安価で購入しやすい点がおすすめする理由です。

頑丈なスチールペグととても軽いジュラルミンペグ、この2種類があればキャンプ場でのキャンプで困ることはありません

意外な活躍!ペグ活用法

ペグテーブル

バーベキュー(BBQ)用の網にペグの頭を入れるだけで、簡易テーブルができます。地面に少しだけペグを打っておくと安定します。

蚊取線香ホルダー

地面にペグを打ち、ペグと突起の間に蚊取線香を挟むだけの簡単な方法です。蚊取線香は折れやすいので、軽く挟むだけで大丈夫です。

ペグは工夫次第でいろんな使い方ができます。自分で新しい使い方を探してみるのも面白いかもしれませんね。

ペグを長持ちさせるには?

きちんと手入れをする

ペグの素材によっては、錆びたり腐食してしまう恐れがあります。
使い終わったペグは必ず水で汚れを洗い流して、乾いてから収納するようにしましょう。そうすることでギアを長持ちさせることができます。

間違った打ち方をしない

ハンマーを当てる角度はペグのヘッドに対して真っすぐ当ててください。斜めから当てるとペグが曲がってしまいます。また、靴でペグを押し込んだ場合も、同じように曲がってしまう可能性があります。
せっかく購入したペグを長持ちさせるためにも、丁寧にあつかいましょう。

適切なペグの打ち方&抜き方については、下記コラムで詳しく紹介しています。
こちらもぜひご覧ください。

まとめ

ペグは種類も多く、意外と奥が深いギアなんです!
目立ちませんが重要なギアなので、こだわってみてはいかがでしょうか?

整備されたキャンプ場では、スチールペグとジュラルミンY字ペグがおすすめ。
野営には、とても頑丈な鍛造ペグが適しています。
ペグの購入を検討されている方は、参考にしてください。

地質に合わせたペグ選びができるようになったら、ロープの頑丈な結び方にもチャレンジしてみましょう。テント設営だけでなくアウトドア全般に活用できるため、覚えておけば役立つこと間違いなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE