ペグの打ち方&抜き方のコツや工夫を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペグの打ち方と抜き方はキャンプの基本ですが、今のやり方で間違いないか不安な方もいるかもしれません。適切にペグを打てていないと、テントが倒壊する危険もあります。
安全にキャンプを楽しむためにも、適切なペグの打ち方&抜き方を確認しましょう!ペグを安定させる工夫の仕方や注意点も紹介します。

ペグダウン前に準備するもの

ペグを打ち込むことを「ペグダウン」と言います。ペグダウンをするときの必要最低限のギア(道具)は、ペグ・ハンマー・軍手やグローブです。

ペグハンマーは「ペグ抜き部」があると、ペグを抜くために別途ギアを用意する必要がなくなります。
また、テント購入時にセットで付いてくるハンマーはプラスチック製のものが多いですが、地面が硬いとペグが打ちづらく、ハンマーが壊れやすいのでおススメしません。

ペグの種類や選び方はこちらをご覧ください。
キャンプ地にあわせたペグの選び方など、詳しく紹介しております!

ペグの適切な打ち方

  1. ペグに結び付けるロープとペグは約90°
  2. ペグと地面との角度は約60°

この角度を目安にペグを打ち込むのがベストです。抜けにくくするために、地面から2~3cm残して打ち込んでしまいましょう。

また、ペグにくくりつけたロープが地面から遠くにあればあるほど、風を受けると抜けやすいので注意が必要です。

ペグを打たないと…
組み立てただけでもテントは自立しますが、突風が吹いたときにテントが倒壊してしまう危険性が高いです。周りのキャンパーに迷惑がかかり、自分もケガをしてしまいます。
また、重く鋭いペグが勢いよく飛んでくると凶器になり得ますので、ペグはしっかり打つようにしましょう。

ペグを抜くときのコツ

  • ペグハンマーについているペグ抜きを、ペグの穴やくぼみにひっかけて引っ張る
  • 付属の紐を引っ張る

など、ペグの形状によって抜き方は異なりますが、ペグの方向に沿ってまっすぐ力を入れて抜き取るとよいです。

ペグがなかなか抜けないときは、ペグの左右をハンマーで軽く叩くと、地面とペグの間に隙間ができて抜けやすくなります。ペグのフックに別のペグをひっかけて引っ張る軽くねじりながら抜く、なども有効です。
抜けないからといってテントロープを引っ張ると、ロープが切れてしまうことがあるので避けましょう。

ペグを打つ場所によって打ち方を工夫する

砂浜や雪の上など、柔らかい地面ではペグがうまく刺さりません。また、海岸は内地に比べ障害物が少ないこともあり、風が良く吹きます。
テントの入り口を風下に向けるなどの工夫にあわせて、ペグの打ち方にも工夫が必要になってきます。

ペグを複数本使用する

ペグ1本だけでは不安なときは、ペグを複数本使用しましょう
ペグをクロスに打ち込むことで強度が増す「クロス打ち」、ペグへの負担を分散する「三角打ち」がおススメです。

テントロープをほどけにくい結び方で結ぶ

テントロープがほどけないよう、結び方を工夫するのもポイントです。
キャンプでは「もやい結び」を覚えておけば、すぐに結べるので便利です!

本来は船をつなぎとめるための結び方なので、ほどけにくく頑丈です。「自在結び」「巻き結び」などもあり、結び方を覚えておくと柔軟に対応できます。

また、もやい結びなどの結び方を使えば

  • 木の枝を束ねてロープを結び地面に埋める
  • 岩や車のタイヤにテントロープを結びつける
  • 砂や石を丈夫な袋に入れてテントロープに結ぶ

など、様々な方法でテントを固定できますよ。

気を付けるポイント

打つときはまっすぐ力を加える

ハンマーを当てる角度はペグのヘッドに対して真っすぐ当ててください。
斜めから当ててしまうとペグが変形する原因となります。

ペグを打っていて硬いものに当たったら

一度ペグを抜いて、少しずらしたところにペグを打ち直しましょう。
無理に打ち続けるとペグが曲がってしまうことがあります。

ペグとロープに目印をつけておく

夜になると、ペグやロープにつまづきやすくなります。
ケガや事故を防ぐために、ペグやロープにつけることができるロープライトを利用すると安心です。
ロープライトは、ペグやロープにつけるだけでなく、テントの入り口を照らして目印にするなど様々な用途があり、安価なので持っていて損はありませんよ。

紛失しないようにする

テント設営はやることが多く、最初のうちは混乱してしまいますよね。
最初にペグを打った場所にペグやハンマーを置いてきてしまい、次にペグを打つ場所で「あれ?ペグどこいった?」「ハンマーは?」となることも…。
うっかりペグを失くしてしまわないように、腰に装着するタイプのペグ収納袋の使用をおススメします。

まとめ

キャンプを安全に楽しむためにも、ペグをしっかり打ち込むことが大切です。
風の強さ、地面の状態を確認する。ペグを打ち込む角度に気をつけてペグダウンをする。
この2点を忘れないようにしてください。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、初心者さんや女性もペグ打ちにトライしてみてくださいね!
あわせて、テント設営に必ず役立つロープの頑丈な結び方にもチャレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品のあつかい方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE