ソロキャンプ始めるならこの道具さえあればOK!持ち物一覧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
他人や時間に縛られず、自由気ままに過ごすことができる「ソロキャンプ」。
バラエティやニュース番組で特集が組まれることも多くなり、アニメ『ゆるキャン△』の影響でキャンプに挑戦する方も増えてきています。

VASTLANDでは以前、女子ソロキャンプについて「インドア女子でもソロキャンプできるの?」をメインテーマに、知っておくべきことやギア(道具)について特集致しました。

女子ソロキャンプ!初心者でも大丈夫?気になる事まとめ

有難いことに多くの反響をいただき、記事を公開してからおよそ一年が経ちました。
元号も令和に変わった今、改めて「ソロキャンプ」についてご紹介させていただきます!

今回のテーマは【ソロキャンプに必要なギア(道具)】について。
ソロキャンプに興味はあるけど、何が必要かわからず不安な方も多いと思います。
そこで、必要な道具のポイントをまとめさせていただきました!

「何を持っていけば楽しめるの?必要なものは何?」
「より充実したソロキャンプにするためにはどうすればいい?」

そんなお悩みをお持ちのかたは、是非参考にしてくださいね。

 

ソロキャンプに必要なギア(道具)一式

ソロキャンプに必要なギア(道具)一式

初心者必見!これがあれば大丈夫!
最低限必要な持ち物のまとめをご紹介致します!

テント

テントはキャンプの必需品!
一人で設営できるよう、簡単に組み立てができるタイプを選んだほうが良いでしょう。
また、施錠可能かどうかも注意すべきです。
一人では見張り番もいないので、盗難被害にあう可能性も高くなります。

グラウンドシート・インナーマット

テントの下に敷くグラウンドシートはテントの底が傷つくのを防ぎ、地面からの温度や湿気もシャットアウトしてくれます。
テントの中に敷くインナーマットは、厚手の銀マットでも代用できます。

キャンプマット

キャンプマットをAmazonでチェック

シュラフ(寝袋)

朝晩の冷え込みの中で、快適な睡眠をとるために必要になります。
シュラフの種類については、大きく分けて2種類に分別されます。
封筒型はなじみのある布団のような形で、サイドのファスナーをひらけば1枚のマットにもつかえます。対してマミー型はミノムシのように全身を包むことができ、封筒型より密閉性が高くなるというような違いがあります。
また、シュラフだけでは地面の凹凸が気になって眠れない!という方は、マットも用意できると◎。

ランタン・ヘッドライト

夜のキャンプ場は予想以上に暗いので、ランタンやライトなどの準備は必須です。
テント内を照らすにはLEDランタンなどで十分ですが、夜の散策や移動の際にはヘッドライトがおすすめ。
購入の際には、明るさ・軽さ・装着しやすさを重点的にチェックするとよいでしょう。

VASTLAND LEDランタン

LEDランタンをAmazonでチェック

ヘッドライトをAmazonでチェック

クッカー、バーナー、食料など

せっかくのキャンプで自炊がしたい!という方はクッカーを持って行きましょう!
料理に限らずお湯を沸かすのにも鍋は、必要になってくるので持っていって損は無し。
ただ、火を使わないもの(お菓子など)があるに越したことはないので忘れずに!

VASTLAND(ヴァストランド) コッヘル クッカー セット 4点セット

コッヘル クッカー セットをAmazonでチェック 

 

続いて、ソロキャンプの食料について。
簡単に済ませたい方は、近くのスーパーなどで冷凍食品やお惣菜を買ってもOK!
キャンプだからと言って無理に調理をする必要はありません。
温めるだけですぐに食べられるのでおススメです!

また、ラーメンやパスタは、茹でる・ソースを絡めるなど単純作業が多いため初心者でも簡単に作ることができます。
クッカーでお米を炊き、ご飯のお供を持参して食べ比べるのも楽しいかもしれませんね!

 

+αで持っていくと便利なキャンプギア(道具)

+αで持っていくと便利なキャンプギア(道具)

必要最小限の持ち物が揃ったら、その他あると便利なものもご紹介します。
キャンプ場のルールやその時の天候などを見極めながら用意してみましょう!

テーブル・チェア

軽量・コンパクトなものを選ぶと◎!
料理を並べるテーブルだけでなく、ミニテーブルがあれば小物を置くのに便利です。
すのこやコンテナボックスをテーブル代わりにするのもアリ。

アウトドアチェアをAmazonでチェック

焚き火台

焚き火台で食後一杯のコーヒーはいかがでしょう?
少しでも荷物を減らしたいならコンパクトタイプがおすすめ。
焚き火で癒されたい!マシュマロ焼いたりしたい!という方にはストーブタイプをお勧めします。

オクタゴンロをAmazonでチェック

新聞紙

焚き火はしたいけど、薪が高いし…保管で虫が湧くのは嫌だし……という方には新聞紙がお勧め。
新聞紙を濡らして固めた「紙薪」というアイテムもあります。
また寒い時期にはシュラフに入れると、防寒グッズとしても活躍してくれます!

雨具

自然に囲まれたキャンプ場。
標高のある山間部の場合特に天気が変わりやすく、突然の雨に困ることも…。
上下セットのレインウェアだと、足元まで守られて安心です。コンパクトに収納できるとなおよし。
気温が低いときには温かく感じるのでとても便利!

虫よけ対策グッズ

キャンプの大敵である虫から身を守るためにも、対策グッズはあると良いですね。
虫よけスプレーはもちろん、虫よけ効果のあるウェアやタープ、虫が寄りにくいランタンなど、様々なグッズで対策が可能です!

石鹸、ゴミ袋など

キャンプ場によっては石鹸がなかったり、ごみ捨て場がない場合も。
洗剤の種類によっては使用禁止だったりするので、事前にチェックしておくことが大事です。

防犯グッズや常備薬

食料や道具が盗まれる被害はどうしても無くなりません。
相手は人間に限らず、動物に盗まれることも…。
盗まれて困らないよう、防犯グッズは持っておきましょう。
「テントに人がいるように見せておく」などグッズ以外の対策もありますよ。
また、SNSの投稿を頼りに魔の手が忍び寄ることもあるので、リアルタイムでの発信は避けるのが無難でしょう。

 

持っていくとより楽しめるギア(道具)

持っていくとより楽しめるギア(道具)

ソロキャンプをもっと楽しみたい人向け!
どうしても時間を持て余してしまう……BBQや散策だけじゃ物足りない……。
そんなあなたにおススメしたいレクリエーション道具をご紹介致します!

ハンモック

風に揺られながらハンモックでひと休み…。
のんびりとした過ごし方に憧れる方も多いのではないでしょうか?
テントの代わりとして使用する「ハンモック泊」に挑戦してみるのもアリ!

ハンモックをAmazonでチェック

ヨガセット

大自然の中で行うヨガは、他では味わえない爽快さがあります。
空気の澄んだ自然の中で癒されて、ヨガでさらにリラックス!

お気に入りの本

キャンプだからアウトドアである必要はありません!
自然に囲まれながら好きな漫画を読んで、のんびり過ごすのも最高です。
本を数冊持っていきたい…という方には、1台でたくさんの書籍が読める電子書籍もおススメです!

天体望遠鏡

キャンプの夜は予想以上に暗い。だからこそ、都会では見ることができない星空を堪能できます!
星の光をただ眺めるもよし、気になる光を見つけたら望遠鏡を覗いてみるのもよし。
宇宙の壮大さや素晴らしさを、改めて感じる良い機会になること間違いなしです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は【ソロキャンプに必要なギア(道具)】についてまとめさせていただきました。

道具のメーカーや金銭面でお悩みの方は、まずレンタルでお試ししてみるのも良いかもしれませんね。

また、ソロキャンプを充実させるための道具を紹介致しましたが、何を持っていくべきなのかさえも楽しさに変えて楽しみましょう!

最初は必要な最低限の道具をそろえて、足りないと感じた道具は次のソロキャンプに購入すれば、自然と「次はどこ行こうかな?」とまたキャンプに行きたくなります。

まだ挑戦されていない方も、平成の間に行けなかった方も、これを機に、令和初のソロキャンプを楽しんでみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE@_COLUMN_記事下