棒結びの結び方と用途を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するロープワークは、「棒結び」です。このコラムで結び方をマスターできるように、徹底的に詳しく解説していきます。お手元にロープを持って一緒に棒結びをマスターしていきましょう!

棒結びとは?

棒結びとは、ロープを収納や携帯するために棒状にまとめるロープワークです。他のロープワークとは違い、結び方というより長いロープをまとめる方法と考えていただければわかりやすいです。

棒結びの用途

テントやタープに使用しているガイロープを撤収時にまとめるために棒結びを使用します。適当に収納するとロープ同士が絡みつき、絡んだロープをほぐす作業に時間がかかって設営に取り掛かれません。棒結びをしていれば簡単に解けるのでスムーズに設営作業をおこなえます。

棒結びの結び方

動画で棒結びの結び方をチェック

画像で棒結びを解説

まずはロープを折り返して束ねていきます。束ねる回数や長さに決まりはなく、ロープの長さや収納サイズに合わせて折り返すようにしてください。

束ねたロープの先端側から下側に向かってロープを巻いていきますが、巻きはじめの折り返した部分がずれないようにクロスさせるのがポイントです。

軽く締め付けながら下までグルグルとロープを巻きつけていきます。

下まで巻き付けられれば、束ねたロープが輪っかになった部分に巻き付けたロープの先端を通します。

反対側のロープの先端を引っ張れば、通した輪っかのうちのひとつが締まります。これで棒結びの完成です。何度か繰り返し練習してみるとマスターできるので、ぜひこのコラムを見ながら練習してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE