バタフライノットの結び方と用途を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するロープワークは、「バタフライノット」です。このコラムで結び方をマスターできるように、徹底的に詳しく解説していきます。お手元にロープを持って一緒にバタフライノットをマスターしていきましょう!

バタフライノットとは?

「バタフライノット」と聞いて、靴紐を結ぶ時に使用する蝶々結びをイメージする方が多いのではないでしょうか。バタフライノットとはロープの中ほどに輪っかを作るロープワークで、蝶々結びとは形状が全く異なります。

バタフライノットの用途

以前にご紹介した「よろい結び」と用途は全く同じで、間隔をあけた状態でロープにものを掛けたいときに使用します。よろい結びに比べてバタフライノットは結びの強度が高く、重いものをかけたい時に適しています。

バタフライノットの結び方

動画でバタフライノットの結び方をチェック

画像でバタフライノットを解説

まずは手のひらにロープを3回巻き付けます。手のひらにロープが3本並んだようになります。

3本並んだロープの真ん中を左側のロープの下に通します。

下を通したロープを右側のロープの上に重ねます。

重ねたロープをふたつのロープの下にくぐらせて、ロープに通している手を抜きます。

結び目を整えながら先端側ともと側のロープを引っ張れば、バタフライノットの完成です。何度か繰り返し練習してみるとマスターできるので、ぜひこのコラムを見ながら練習してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE