ソロキャンプ女子必見!危険を回避して安全にキャンプタイム過ごす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前回の女子ソロキャンプのまとめ記事に多く反響をいただきまして、ありがとうございます。
今回はテーマを少し絞り、違った視点から女子ソロキャンプについてのコラムを書いていこうと思います。

 

女子ソロキャンプ!初心者でも大丈夫?気になる事まとめ

 

テーマはスバリ【女子ソロキャンプでの危険】について。

ソロキャンプとは自由度が高い分、さまざまな危険に遭遇する可能性があります。

キャンプブームで女子キャンパーが増えつつある今、初心者の女性の皆さんにとっては、読んでいて損はない内容だと思います。
特にソロキャンプに注目して、危険の高いポイントをご紹介します。

整備がされている安全なキャンプ場を選ぶ

整備がされている安全なキャンプ場を選ぶ


何よりも気をつけるべきポイントは場所選びです。

キャンプ場を選ぶ際に、特に抑えておきたいポイントを簡潔に記載しておきます。

これらのポイントをクリアしていると、(100%安全であるとは言いきれませんが)女性ソロキャンパーの方でもひとまずの安心は得られると思います。

①管理人が24時間常駐している

理由は、何か困ったことがあった際にすぐ駆けつけてもらえるためです。
もしもの時を考えて、管理人室から近い場所でキャンプを行うとより良いですね。

②有料のオートキャンプ場

理由は、上記の管理人がいる場合が多いということ、家族づれが多いという理由です。

無料のオートキャンプ場の場合は、施錠の設備が無い・名簿が無く何かあった際に特定できない、といったデメリットが考えられます。安心のために、ここには予算をかけておいても問題ないでしょう。

③プライペードが確保できる区画サイト

オートキャンプ場では、しっかりと区画が決められているので、フリーサイトの書き込みにある、「すぐ隣にテントを張られてる!?」といった恐怖から逃れられます。

④ファミリーが多い

ファミリーが多いと、ソロキャンプを楽しみたいという方にとっては賑やかそうで嫌に感じるかも知れませんが、 「人の気配」を感じ場所こそが不審者等に隙を与えないという良い場所になります。

⑤携帯の電波が入る

ほどんどのキャンプ場で電波が入るようになりましたが、しっかり抑えておきましょう。
連絡手段としては欠かせませんし、色々とわからないことがあった場合にも調べられるのは大事なポイントです。

気をつけていただきたい落とし穴はSNSなどへの投稿です。
一人でキャンプ場にいることがわかるような内容は絶対に投稿しないようにしてくださいね。

⑥トイレ・シャワーが綺麗

清潔で管理が行き届いているとやはり嬉しいですしね。
女性専用のパウダールームがあるキャンプ場などもあるようですので、そういったところだと配慮も行き届いていて安心できます。

下心のある男性から身を守るための対策

下心のある男性から身を守るための対策


安全なキャンプ場を選んだ場合でも、女性ソロキャンパーの数はまだ少ないので、どうしても目立つことは確かです。
万が一に備えて対策はしっかりと取っておきましょう!

テントに鍵をかける

経験者はお判りかと思いますが、キャンプ場の夜は思っているより真っ暗で、明かりが無い状態では誰かが近づいてきても気づきにくいです。
就寝の際にはテントにしっかりとダイヤルロック式の鍵をかけておきましょう。

車があれば車中泊という手もあります。
夜は早めにテントか車に入るようにして、さっさと鍵をかけてしまいましょう。

防犯アイテムを備えておく

備えはあるに越したことはありません。
防犯ブザー、催涙スプレーといった護身用の道具を持っていくと良いでしょう。

他人から見える部分に「女性らしい」アイテムの使用は控える

ソロでせっかく自由ができるんですから、可愛らしいテントを作りたい!と思う気持ちは大変よくわかります。

ただ、そういった装飾をしてしまうと、一発で女性のテントだなとわかってしまうので、運が悪い場合だと執拗に話しかけられた…なんていう経験がある方も…。

洗濯物にも気をつけて、あまり女性であることが目立ちすぎないようなテント設営を行いましょう。

多人数を装う

複数人でいることを感じさせるようにするのも手です。
例えばテントにサンダルを2人分置いておく、話しかけられた際は「後から友達と合流する」と言っておくのも身を守るポイントです。

むやみに他人を信用しすぎない

色々と親切にしてもらったからといって、信用のしすぎには気をつけましょう。
昼間は普通に見えても、夜などに自分のテントの周りをうろつかれては、いくら「親切心で」と言われたからってとても安心できるものではありません…。

過剰な干渉だと感じたら勇気をだして早いうちにしっかりと断りましょう。

防犯対策

防犯対策


これは女性に限らずですが、暗くなった就寝の時間帯や少しテントを離れた隙に…など、キャンプ場では少なからず盗難の被害に遭われた方がいます。
とくにソロキャンプにおいては、荷物番をしてくれる友人もいませんから、すべてが自分の防犯意識の高さにかかっています。

止むを得ずテントを離れなければならない時は
ランタンをつけっぱなしにするサンダルを置いておく鍵をかけていくなど、できることは徹底しておきましょう。

就寝の際、高めのギア(道具)を持っている場合はできるだけテントにしまうことも忘れずに。

野生動物から身を守るための対策

野生動物から身を守るための対策


どんなに人が多いキャンプ場でも、野生動物が現れることがあります。
そういった獣害になるべく合わないようにするには、食べ物や食べ残しなどをしっかり管理することが大切です。
また、生ゴミなどにも気をつける必要がありますね。

しかし、どちらかというと獣より虫の対策のほうをしっかりと考えてたほうが良いと思います。
蚊などはもちろんですが、キャンプ場での被害でよく聞こえてくるのがブヨによるもの。

ブヨは最も注意したい虫で、一見ハエのように見えるので騙されてしまいますが、吸血する害虫です。
刺されてすぐは気づきにくいこともあり、そのまま放置しておくと刺された部分が赤く腫れ上がって激しい痛みや、痒みなどの症状が現れます。

とくに夏場などは朝や夕方の涼しい時間帯に活発になるのでその時間の虫除け対策は徹底しておきましょう。

対策の例

◎虫除けスプレー(ブヨと記載があるもの)
◎長袖、長ズボン(上下ともにピチっとしていないものが良いです)

対策はしたけど刺された!
という場合には、ポイズンリムーバーと呼ばれる道具を使い、早めに毒を吸い出すことが大切です。
ポイズンリムーバーが無い場合は、痛いですが指でつまんで毒を排出させましょう。

急な自然災害から身を守るための対策

急な自然災害から身を守るための対策


事前に雨がわかっている場合は対策もできますが、急激な天候の変化、局地的豪雨などに遭遇し、その時に何も対策をしていないと、大変な目にあうことも。
もしものことを考えて、テントは雨に強いものを選んでおくといいですね。

サイトを選ぶ際にも、地面の凹凸はどうか、土か、芝生か、砂利かなど、地面のコンディションに気をつけておくと良いでしょう。

VASTLAND ドライバッグ

また、ドライバッグを一つ持っていると、濡れてしまったものを隔離できて安心ですよ。

VASTLAND(ヴァストランド) 防水バッグ ドライバッグ スタッフバッグ 10L 20L 30L IPX6認証 フロントポケット付き

さいごに

キャンプは不自由を楽しむもの。
しかしその不自由とは、不安を抱えながらキャンプを楽しむことではありません。
出発前にできる限りの不安の芽を摘んだうえで、あなただけの女子ソロキャンプを目一杯楽しんでくださいね。
その方がきっと何倍も楽しめるはずですよ!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE@_COLUMN_記事下