春キャンプに行こう!おすすめポイント&注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春のキャンプは、陽の光のぬくもりを感じながら快適なキャンプを楽しめます。ハイシーズンではないため料金も安く、人が少ないので初心者キャンパーにもおすすめ!とはいえ油断は禁物。おススメポイントとあわせて注意すべき点も紹介します。

春キャンプをおすすめする理由

穏やかな気候で自然を楽しめる

夏の日差し、秋の紅葉、冬の澄んだ空気…キャンプでは自然をいつもより身近に感じることができます特に春の季節は、冬の間眠っていた木々や花が一斉に芽吹き、より一層色づいた景色を楽しむことができます

春のあたたかな陽気を感じながら、ごはんを食べたりアクティビティを楽しんだり…体を動かすのが好きな人にはぴったりの季節です。

ゆっくりお花見できる

春といえばお花見の季節!
一般的なお花見公園だと多くの人で混雑するため、十分にお花見を楽しめないこともありますよね。

自然に囲まれたキャンプサイトなら、プライベートな空間を保ちながらゆっくりお花見を楽しめます

詳しいおすすめポイントは下記コラムをご覧ください♪

キャンプギアの新製品が出る

春にキャンプギア(道具)の新製品が発売されることが多く、春のキャンプフェスでお披露目するメーカーも多くあります。
気になる新製品を購入して、春キャンプでお試し!というのも良いのではないでしょうか?

 

VASTLANDからも新製品が…?!ぜひこちらをご覧ください★

 

春キャンプの注意すべき点

春の気候は変わりやすい

春になると、高気圧と低気圧が交互にやってくるようになり、気圧配置が毎日のように変わるため、風が穏やかな日もあれば突風が吹き荒れる日もあったり、不安定な気候となっています。

耐久性の低いテントやきちんと設営できていなければ、突風によってテントが飛ばされたり、最悪故障してしまう可能性があります。テント用の重りを使用するなど、気候に合わせた対策を考えましょう

突然の雨で台なしに…

春の不安定な天候により、突然の雨に降られる可能性が高いです。
テントが防水対応でなく床まで浸水してしまった、なんてことにならないようにしましょう。

耐水圧1,500㎜以上のテントを選ぶこと、かつ撥水スプレーなどで対策しておくことをおすすめします。

夜はまだまだ冷え込む

冬ほど寒くないとはいえ、夜間はぐっと冷え込みます
春だからと油断して薄いテントや薄着でキャンプをすると、寒くて眠れないまま翌日を迎えてしまうかも…。

秋・冬キャンプ同様の寒さ対策をして行くことをオススメします

  • 体温調節のしやすい重ね着をする(暖かい日中は薄着になれるようにする)
  • テント内にキャンプマットを敷く
  • ストーブを用意しておく(電気マットや湯たんぽなどもOK)
  • 3シーズン用もしくは冬用の寝袋を使用する

まとめ

春キャンプは、空が晴れ渡り気温が上昇している昼間は快適に過ごせます。
そのぶん、昼と夜の寒暖差には注意が必要です!

また、標高の高いところは寒いので初心者キャンパーには向きません
キャンプ場に電話をして、夜の気温などを確認するのも一つの手です。

  • 突風やにわか雨に耐えられるテントを選ぶ
  • 夜は冷え込むため、重ね着やストーブで対策を
  • 昼はあたたかくのんびり過ごせます。必要であれば虫対策も!

あたたかな陽気の中のんびり過ごすためにも、念には念を入れて準備をしてから春キャンプを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品のあつかい方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE