自分流のスタイルで過ごす!究極のソロキャンプ!あなたは何スタイル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ今、ソロキャンプが流行っているんでしょうか。
大人数でキャンプをするから楽しいはず!?一人でキャンプをして寂しくないんでしょうか。

いえいえ! 一人で自由に、そして自分勝手に楽しめるからこそ、ソロキャンプに魅力があるんです!

一人で何でも決めれると言うことは、いろんな自分流のスタイルがあるってことですよね。

それでは、ソロキャンプのスタイルを泊まり方や過ごし方に分けて、それぞれの魅力をお伝えしたいと思います。

僕もソロキャンプをする時は、出掛けたい時間に出発して、帰りたい時に帰っています。時間を気にしないのも、ソロキャンプのいいところですよね。

ブームのキッカケは?

ブームの火付け役として、女の子たちのゆる~いキャンプライフを描いた日常系アニメ『ゆるキャン△』や、芸人のヒロシさんが幼少期から好きだったというアウトドアをYouTubeで配信したことから徐々に人気が広がったと言われています。一番大きなきっかけに繋がったのは、やはり”SNS(Instagram)”で映えることから急激に広まったとされています。

 

ソロキャンプの魅力

普段の仲間や家族とキャンプをすると、事前準備の打ち合わせをしなければいけません。準備として集合場所から食料の調達や買い出し、キャンプ用品はどこまで揃えるのかなど、キャンプ場では、どこにテントを設営をするのか、キャンプ飯の内容や量を決めるなど、誰かに合わせて進めて行かなければいけません。

ソロキャンプでは、誰かに合わせることなく自然の中で何をしてもOK。自分ペースでキャンプを楽しめるのが一番の魅力です。

例えば、出発時間や帰宅時間も自由ですし、料理も自分が食べたい時に作ればいいので自由です。それに、テントも自分の思い通りの位置で飾り付けなど自由に設営できたり、いきなり昼寝やお酒を飲んでもOKです。

料理が面倒ならインスタントラーメンや缶詰で大丈夫ですし、お酒とつまみだけでもOKです。

焚き火をして、火を見つめながら物思いにふけてもいいですし、テントやハンモックを設営して昼寝もOKです。海や山を見つめて何もしないのもOKです。

家庭や仕事を忘れて自然を楽しみましょう!

誰にも邪魔されずに、自然の中でくつろぐことこそ、ソロキャンプの醍醐味なのです。

テント派、タープ派、それとも車派?泊まるならどっち?

キャンプのスタイルとは何でしょうか。全て自由ですが、泊まるスタイルや持って行く荷物によって、ある程度いくつかのスタイルに分けることができます。

それに、” できるだけ自然を感じて過ごす” のか、それとも ” 自然の中でどれだけ快適に過ごす ” のか、また、目的によって ” アクティブに楽しむ ” のか 、” のんびりゆったり楽しむ ” のか スタイルよって変わります。

どんなスタイルがあなたに向いているのか参考にしてみてください。

テント泊スタイル

テント泊は、一番スタンダードなスタイルと言えます。

普段使用しているテントを一人で利用する場合は、すぐにでもソロキャンプが可能です。

ファミリー用の大きなテントを張る方もいれば、タープを張った下に小さめのシングルテント張る方もいて様々です。

自然を感じながらも、テントの生地が一枚覆っているだけで安心感があり、閉じてしまえば立派な個室が成立します。

シングルテントの場合は、持ち運びが楽なので標高の高い場所で、静かにキャンプを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

また、キャンプ場を選んだ場合、車も近い位置に駐車することが可能なのである程度、荷物を取りに行けるので、読書や釣り、料理に没頭したい方にオススメです。

自然を感じるレベル:★★★

【メリット】

  • 雨、風を気にせずにくつろげる。
  • 自分の空間を作れる。
  • 車の駐車場が近い位置にある(キャンプ場の場合)

【デメリット】

  • テントは荷物の中でも大きめなので、荷物がかさばる。
  • テントによっては設営に時間がかかる。
  • 片付けにも時間がかかる

タープ泊スタイル

タープを張った下に、直接シートやキャンプマットを敷いて寝袋で寝るスタイルが、タープ泊スタイルです。

川や海辺、山など、寝るスペースさえあれば、どこでも楽しむことができるスタイルです。

地面に寝ることに抵抗がある方は、コット敷いて、その上に寝袋というスタイルもあります。

タープ泊になると、キャンパーの中ではかなりの上級者と言えます。

このスタイルを選ぶ方の理由は、もっと自然を感じて寝たい方や、荷物を最小限に抑えてキャンプがしたい方に向いています。

例えば、ツーリングでキャンプをする場合は、バイクに載せれる最小限の荷物にこだわる方や、テントと同様に標高の高い場所で、星を眺めならがゆっくりしたい方など、こだわりがある方に多いのではないでしょうか。

自然を感じるレベル:★★★★★

【メリット】

  • 場所をとるテントがないので持ち物が軽く楽になる。
  • 自然を感じて寝ることができる。
  • テントよりも開放感を感じることができる。

【デメリット】

  • 外で寝ているのと変わらないため、落ち着かない。
  • 虫や動物が気になる。
  • 雨に弱い。雨が降るとびしょびしょになる。

ハンモック泊スタイル

木の間にハンモックをしてミノムシのように寝るスタイルがハンモック泊スタイルです。

普通のハンモックにキャンプマットを引いて寝袋で寝るスタイルもあれば、テントのように全身を覆うことができるハンモックテントで寝るスタイルもあります。

日差しや雨が気になる方は、タープを張ってその下にハンモック、またハンモックテントを張って寝ることもできます。

タープ拍スタイルと同様に、人があまりいない場所でキャンプをされる方に多いと思います。

テントとは違い、ゆらゆら揺られながら眠りたい方にオススメです。

自然を感じるレベル:★★★★★

【メリット】

  • 場所をとるテントがないので持ち物が軽く楽になる。
  • 自然を感じて寝ることができる。
  • テントよりも開放感を感じることができる。
  • 下が浮いた状態になるため、下から水が侵入することがない。
  • 風に揺られながら寝ることができる。

【デメリット】

  • ぐっすりは眠れない。
  • 虫や動物が気になる。
  • 強風や雨が強い場合、不安定になる。

車中泊スタイル

今までのスタイルの中で一番快適に過ごせるのは、車中泊ではないでしょうか。

車中泊でも、最近はいろんなタイプがあります。
高価なキャンプングカーを購入し楽しむ方もいれば、ハイエースを自分でDIYしてキャンプングカーぽくして楽しんでいる方や、ミニバンの後部座席を倒しフラットにし、寝袋で車中泊をされる方など様々です。

最近では、車中泊用に作られた自動車も販売されていて、軽自動車でも泊まれるように工夫されています。

自然を感じるレベル:★★

【メリット】

  • 車に入るだけの荷物を詰める。
  • 車の中なので、虫や動物を気にしなくてもいい。安心感がある。
  • 設営にテントが必要なくなる。

【デメリット】

  • 車がはいれない場所には行けない。
  • 夏は、車内が暑くなる。熱中症や脱水症状に気をつけないといけない。
  • 普通の自動車よりも値段が高い。

過ごし方スタイル

ソロキャンプは自分ルールなので過ごし方は様々です。

快適に過ごしたい方は、車やテントでゆったり過ごし、不便を一人で楽しみたい方は、なるべくキャンプ用品を使わずに、寝る場所の確保から食事まで時間をかけて楽しんでいます。

普段できないことをやってみましょう!

のんびり読書&映画を観て楽しむ

のんびりと一人でくつろぎながら暗くなるまで、読書や映画を楽しんでみてください。

料理を楽しむ

不便な状態から調理を没頭する方は、小枝を集めてファイヤースターターを使って火を起こすところから始める方も多いです。

究極の一杯のコーヒーに時間をかけて作り続けても構いません。

家ではあまり作ることができない燻製も、お酒を飲みながらこだわって作れます。

釣りなどを満喫して楽しむ

早朝に起きて好きなだけ釣りを満喫してください。

ソロキャンプとは呼べないかも知れませんが、自転車に最低限のキャンプ用品を乗せて、ツーリングを楽しみながら行き当たりばったりでキャンプを楽しむのもいいと思います。

まとめ

ソロキャンプの全てをまだお伝えしていませんが、如何でしたでしょうか。

一番伝えたかったことは、自分のペースで自分流のスタイルで楽しめるということです。普段、キャンプをしていても、やりたかったことが今までできなかったことはいくらでもあると思います。

家庭や仕事を忘れて没頭して楽しんでみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加