焚き火台やバーベキューに使える!オクタゴンロの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬のキャンプは、防寒対策がしっかりしていないと、寒さに耐えるキャンプになってしまい楽しめません。暖かい食べ物をたくさん食べてほっこりしたり、焚き火で体を温めてのんびり過ごしたいですよね。

そんな気持ちに答えてくれる商品「オクタゴンロ」を紹介します。
この商品は、バーべキューコンロや焚き火台として使える優れものです。

焚き火台やバーベキューコンロの購入を検討されている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オクタゴンロって何?

「オクタゴンロ」は、弊社が販売しているバーベキューコンロです。

どんな商品かと言うと、網を乗せて肉を焼いたり、ダッチオーブンを乗せて炊くなどのバーベキューコンロとして使用したり、網を外して焚き火台として使える優れ物の商品です。

また、コンパクトに折りたたむことができて、ファミリーキャンプからソロキャンプまで使用できます。

本体の使用時の大きさは、約485×485×290mmで、折りたたんで収納バッグに入れると、約520×470×マチ80mmになります。重さは、約3.5kgです。

組み立て方法

組み立て方法は、とても簡単です。まず、オクタゴンロ一式を紹介します。
スタンド、本体、底板、網、目皿の5つで組み立てます。
焚き火台として使用する場合、網は不要です。

STEP1:平らな場所で、スタンドを八角形にバランスよく広げます。

STEP2:スタンドの上に本体を載せます。綺麗に八角形になるように調整してください。

STEP3:底板をはめ込みます。八角形になっていないと隙間ができてしまいますので、隙間ができないよう形を整えてください。

隙間があいた状態で、焚き火やバーベキューを行うと、灰が漏れたり、底板が灰の重さではずれる恐れがあります。

STEP4:目皿を置きます。

STEP5:網を載せれば完成です。

使い方について

「焚き火台」、または「バーベキューコンロ」として使用した場合の火のつけ方を説明します。

焚き火編

まずは焚き火台として使用した場合の使い方です。
焚き火の組み方には、いくつか種類がありますが「オクタゴンロ」にあった合掌型・閉じ傘で説明します。

この組み方は、とても基本的で組みやすい方法です。オクタゴンロに限らず、他の焚き火台でも使用できます。

焚き火の道具を紹介します。
まずは、着火剤、割り箸ほどの木(枝など)、薪、ライター、火吹き棒(または、うちわ)を用意します。

※焚き火の場合は網は不要です。網は取り外してください。

目皿の中心に着火剤を置き、燃えやすい細めの木(小枝など)を中心にそって傘のように積み重ねていきます。

着火剤は、燃えやすい燃料になる物であれば何でも大丈夫ですが、燃料として新聞紙などの紙を入れてしまうと、燃えカスが舞い上がり、他のキャンパーの迷惑になります。着火剤を使用するようにしましょう。

細い枝の上に太い薪を積んでいきます。なるべく中心の部分は、空気が抜けるように置いてください。

着火剤に火をつけます。着火剤に火がつき、枝に引火するまで火吹き棒で酸素を送ります。

薪が燃え始めたら太い薪を足していき、火が大きくなるのを待ちましょう。
足した太い薪が燃えていけば完成です。火が大きくなっても枝や薪を散らすのではなく、中心に固めていきましょう。

バーベキュー(BBQ)編

バーベキューコンロとして使用した場合の使い方を説明します。

バーベキューで使用する場合の道具を紹介します。
道具は、着火剤、ライター、木炭、火吹き棒です。

目皿の中心に着火剤を置き、周りに木炭を並べていきます。
焚き火と同様に、新聞紙や紙を燃やすと燃えカスが舞い上がるので、着火剤を使用してください。また、紙の燃えた匂いが食べ物についてしまい、味がおちるので控えましょう。

着火剤に火をつけます。

火吹き棒やうちわを使って酸素を送り、火が大きくなるのを待ちます。
木炭が白くなってきたら、火が定着したサインです。

バーベキュー用の網を乗せて、肉や野菜を焼いていきましょう。
中心の温度が高いので、じっくり焼きたい物は、外側に置いて調整しながら焼いていきましょう。

オクタゴンロ

オクタゴンロ

まとめ

いかがでしたか?
組み立てが簡単だと感じて頂けたと思います。

火のおこし方については慣れるまで大変ですが、1度使用すればコツがわかってくると思います。是非、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE