春はキャンプマットが最適!どんなシーンでも使い勝手抜群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春になると気温も上がり、お花見やピクニック、登山、キャンプなどに適したアウトドアシーズンと言えます。
そろそろ、友達や家族で外出する計画を立てている方もいるのではないでしょうか。3月から夏にかけて、アウトドアイベントや春フェスも多く開催されます。
今回の記事では、お出掛け先に便利なギア(道具)「キャンプマット(アウトドアマット)」をご紹介します

キャンプマットとは?

キャンプマット(アウトドアマット)は、キャンプでは寝袋(シェラフ)の下に敷くなどの就寝時に使用しますが、登山では石がある場所に座りたい時に使用できます。

使い方によってはレジャーシートとして使用することもできます。従来のレジャーシートと比べると厚みがあるのでお尻が痛くなりにくく保温性もあるため地面からの冷えを軽減することができます

お花見やピクニック、フェスなど、長時間座る場合でも使用することができる便利なギア(道具)です。

お花見やピクニックで使える便利なギア(道具)

お花見やピクニックで長時間座ることが苦痛の方には、キャンプマットは適していると言えます。

硬い地面に座っていると、会話が盛り上がってくる頃にお尻が痛くなってきて楽しめなかったという経験もあるのではないでしょうか。解決策として、クッションや座布団を用意してもいいのですが、持ち運ぶのが大変です。

そこでクッション性もあり、コンパクトに持ち運べるキャンプマットをオススメします。

また、春でも夕方になると寒くなります。クッションや座布団に比べると保温性があるので地面から伝わってくる冷えを軽減することができます。

春フェスやアウトドアイベントに便利な道具

アウトドアイベントは、キャンプ場や広場、自然の中で開催されます。
ちょっと休憩したい時や荷物を置いて休みたいときに便利です。

▼ 春のキャンプフェス情報については下記の記事を閲覧ください。

初心者キャンパーでも楽しめる!春のキャンプフェス情報(2020)

どんな種類があるの!?

丸めて袋に入れることができるものや、エアーを入れて膨らませることで厚みがでるマットもあります。弊社の商品はアコーディオン式で折りたたむ形になります。

商品もそれぞれ特徴があり、厚みや断熱効果など仕様に違いがあります。
弊社の商品で説明すると…

タイプ

弊社のキャンプマットは、アコーディオン式で折りたたんで収納するタイプです。

サイズ

使用サイズは、(約)幅56×長さ185×厚み2cmで、収納時は、(約)幅56×奥行13×高さ13cmになります。

材質

IXPE、アルミニウム

特徴

赤外線を反射

アルミ面(シルバー面)には、アルミ蒸着加工が施されており太陽からの赤外線を反射させます。自分の体温も反射するので、寒い時はアルミ面を上にして使用することで保温効果があります。

優れた保温性

凸凹形状で空気の層を作り、断熱効果を高めることで地面からの冷気を防ぎ、優れた保温性を実現しています。

クッション性◎

IXPEというクッション性に優れた素材を使用しているため、長時間の使用でも痛くなりにくいです。

巻き癖がつかない

アコーディオン式なので広げるだけでスムーズに使用でき、巻き癖もつきません。

収納袋付き

収納袋付きなのでコンパクトに収納して持ち運べます。

キャンプマット

キャンプマット

膝や腰に負荷をかけたくない方にオススメ

膝や腰が弱い方には、アウトドアチェアをオススメします。
こちらの商品もコンパクトに収納できるため、持ち運ぶのに便利です。

まとめ

いかがでしょうか。
いろんな用途に使用できて便利ですし、登山など持ち運ぶものとして作られているため、とてもコンパクトに収納することができます。

お花見やピクニックと立て続けに予定のある方は、持っていて損をしないギア(道具)ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品の扱い方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE