最少ギアでコンパクトに!ミニマムソロキャンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは「ミニマムキャンプ」というスタイルをご存知ですか?ミニマムキャンプとはその名の通り、「持っていく道具をいかに最小限にできるか」ということを極めたキャンプスタイルのことです。ソロキャンプが人気になっている今、このミニマムキャンプをおすすめしたい理由があります。

ミニマムキャンプスタイルをオススメする理由

先ほども書きましたが、ミニマムキャンプを一言でいうと、

持っていく道具をいかに最小限にできるか

という事を考え抜いたキャンプスタイルのことです。

広くて快適なテント、ゆったりと座れるイス、サイトを彩る装飾など、好きなグッズを増やしていくのはキャンプの楽しみとしてはもちろんアリなのですが、

ソロキャンプって

持っていくのも一人、準備するのも一人、片付けるのも一人

なんですよね。

初心者の方だと勝手がわからない分、よく聞くのが

設営と撤収作業だけに何時間も費やして疲れてしまった

という悲しいお話。

しかしミニマムキャンプの利点は、

荷物の量が少なくて済む、できるだけ軽いものを揃えている、リュック1つあればキャンプに行ける

ということ。これならそんなに疲れないのでは?

それになんだか旅人のようでかっこいい…。

キャンプは「不便を楽しむもの」。そういうスタイルに共感する方は、最小限のギアだけ持ち、ふらっとキャンプに行ってしまえるミニマムキャンプはとても魅力的ではないでしょうか?

道具を選ぶ基準、おすすめのキャンプギア

「オススメなのはわかったけど、キャンプ道具は普通のものとどう違うの?」という方のために、ギアを選ぶ基準目的別のキャンプギアについてご紹介します。

道具を選ぶ基準

  • 軽いもの、コンパクトなもの
  • 準備や設営が簡単にできるもの
  • 長く使えるもの

何より大事なのはやはり「軽い」ことや「コンパクト」であることです。

ただ、軽いものを選ぼうとすると、やはり有名なブランドが候補に上がるためコスト面が気になるところですね。

しかし、その分耐久性がよく、長く使えるものも多いです。自分にはどちらが合っているか、よく考えてから購入しましょう。

必要なキャンプギア【リュックでミニマムキャンプ】

リュックで超ミニマムに!デイキャンプを考えている方、徒歩や自転車、バイクでの移動を考えている方はこちらを参考に。

テントorタープ

デイキャンプだと、テントではなくタープ泊にして軽量化するのはいかがでしょうか?タープを選ぶ基準としては、遮光性が高い軽量のものがオススメ。

軽くて設置に簡単なタープ泊は大自然を楽しむことができます。ただ、大雨、強風、虫や防犯などには注意してください。

初めて行くキャンプ場の場合や、まだキャンプに慣れていない方はテントをオススメします。

シート、マット

タープ泊のスタイルですと、地面に直接シートとマットを敷く方もいます。

ただ注意していただきたいのが雨。コットを持っているならまだいいのですが、コットなしで地面に直接マットを敷いていると、最悪の場合水没してしまうので注意しましょう!

あっという間に地面が水浸しになる場所は避けて設営しましょう。設営する場所も注意が必要ですね。

クッカーセット

クッカーだけでも、いろんな種類やタイプがあります。
軽さ」「長持ち」の面から考えると、少し高価ですがチタンのものがおすすめ。焦げ付きや使用するたび焼けていく色も、なかなかアジになってきますよ。

ただ、ちょっとお米を炊く時は、コツがいるので練習が必須です。初心者の方には、アルミ製のクッカーセットや、メスティンなど使いやすいものがおすすめです!

バーナーor焚き火台

簡単な料理だけ楽しみたいな、という方には小さく軽量なシングルガスバーナーがおすすめ。焚き火台でも代用は可能ですが、そこはリュックの容量との相談になりそうです。

軽量化された焚き火台もありますよ!

直火がOKな場所なら、直火で焚き火をやるというのもありですね。
※キャンプ場のルールをよく調べてから焚き火を楽しみましょう。

”秋キャンプ” 今さら聞けない!うまく焚き火を燃やすコツ!

テーブル

キャンプではつい大きなテーブルを持って行きたくなりますが、ミニマムキャンプはここも軽量化しましょう!折りたたみができて軽いものがおすすめです。

チェア

マットを減らしたい、という方は必要ですね。登山用に作られているものだと、軽くて持ち運びやすいです。背もたれの有無で快適度が変わってきますので、一度試してから購入するとよいでしょう。


まずは、デイキャンプをおすすめします。
デイキャンプだと、シュラフ(寝袋)が不要なのでそのぶん軽量化できますね。

簡単なデイキャンプで、ミニマムキャンプのイメージを掴んでみるのはいかがでしょうか?

必要なキャンプギア【車でミニマムキャンプ】

車での移動を考えている方はこちらを参考に。

シュラフ(寝袋)

夏用のシュラフが一番軽量でコンパクトなのでおすすめ。シュラフは、3シーズンで使えるものと冬用のものがあります。季節によって変えるようにしましょう。

ランタン

初めはテント内でも使えるLEDランタンが良いでしょう。手のひらサイズのものから置き型のものまで様々ですが、おすすめはテント内に引っ掛けられるランタンです!

また、外出するときなどは、ヘッドライトもあると大変便利ですよ!

 

LEDランタン

LED ランタン

 

ヘッドライト
LED ヘッドライト

火元に関しては、リュックの時と同様、シングルガスバーナーの使用でもいいのですが、車では小さめの焚き火台の使用をおすすめします!やはり癒されますし、料理にも使えて一石二鳥!

焚き火だと、手斧やナイフ、火吹き棒、ファイヤースターターがあれば便利ですよ。

 

火吹き棒 カラビナケース付

火吹き棒

  • テント・タープ
  • シート、マット
  • クッカーセット
  • バーナーor焚き火台
  • テーブル
  • チェア

これらは、さきほど記載した【リュックでミニマムキャンプ】を基準に、好みにあったものを選ぶと問題ないと思います。

車でのキャンプといえど、できるだけ軽いもの、コンパクトなものを心がけて選びましょう!

本当に必要なのか? なくても大丈夫じゃないか?と考えながらギア(道具)選びを行うのも、キャンプの楽しさだと思います。

ミニマムキャンプに慣れてきたら、次はバイクでキャンプツーリングを楽しむのも最高ですよ。春や秋にバイクで出掛けてみてはいかがでしょうか。

バイクでソロキャンプまとめ!これさえ押さえれば初心者でも安心!

キャンプギアの収納のポイント

ミニマムキャンプでは、収納もかなり大事!

隙間が無いようにバランスよく詰めることで、足腰の負担の軽減にもなります。

いくつかおすすめのポイントをまとめてみました。

  • リュックの場合、テントやシュラフなど重量のあるものは下に詰める
  • シュラフはたたまず収納袋にいれる
  • 食品パッケージなどは、ゴミを出さないようあらかじめジップロックにいれて持っていく
  • 背中側には平たいものを入れる
  • 携帯食やライト、雨具などは取り出しやすい位置に入れる
  • ポケットが多すぎるリュックは控える(そのぶん重たくなるため)
  • カラビナを有効活用する

また、注意していただきたい点が、防水対策

リュックは雨に弱いので、リュックカバーを忘れないようにしましょう。

シュラフ(寝袋)やテントも、ビニール袋でさらにカバーしておくと安心です。

リュックカバー

リュックカバー

少ない道具と食材準備のコツ(キャンプ飯編)

少ない道具と食材準備のコツでキャンプ飯

ミニマムキャンプでは、食材準備についても考えておかないといけません。

時短の極意は……

  • なるべく食材は使い回す(アレンジする)
  • 特殊な道具がなくてもいいように下準備しておく
  • 現地調達する

ということ!

アレンジメニューで特におすすめなのがスープ系の料理。スープ系を多めに作っておくだけで、様々なアレンジが可能になりますよ!

使う食材は家から切って持っていき、現地では入れるだけ!の状態にしておくと不必要な道具をなるべく減らすことができ、時短にもなります。コンビニですぐに食べられる食材を買うのももちろんアリ。

臨機応変に、無理なく食事を楽しみましょう!

まとめ

いかがでしょうか。

最初に書いたように、キャンプは「不便を楽しむもの」と考える方にとっては、ミニマムソロキャンプは自分を試せる良いスタイルだと思います。

最低限のギアだけで、自然に溶け込むようなキャンプがしたいたくさん準備するのに疲れたご飯を作る以外には何もしたくない、一人でのんびりしたい

そう思ったことがある方は、一度ミニマムソロキャンプを試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品の扱い方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE