プルージック結びの結び方と用途を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するロープワークは、「プルージック結び」です。このコラムで結び方をマスターできるように、徹底的に詳しく解説していきます。お手元にロープを持って一緒にプルージック結びをマスターしていきましょう!

プルージック結びとは?

プルージック結びとは、ロープや木などの対象物に対して輪っか状のロープを結び付けるロープワークです。結び目を滑るように左右へ移動させることが可能で、輪っかに負荷がかかると結び目が締まり左右に動かなくなります。結び目の移動と固定が簡単におこなえるのが特徴です。

キャンプ以外にも登山や消防などでも使用される結び方で、簡単に早く結べて強度も十分あります。

プルージック結びの用途

ガイロープにランタンを掛けたいときに、輪っか状のロープを使ってガイロープにプルージック結びをするとランタンが掛けられます。結び目を簡単に移動できるので、程よい位置にランタンを設置できます。

もちろんガイロープだけでなく木と木にロープを張ってプルージック結びを複数つくると、バタフライノットやよろい結びのように小物を掛けることも可能です。バタフライノットやよろい結びと違い、掛けるものに合わせて簡単に間隔を変えられる利点があります。

プルージック結びの結び方

動画でプルージック結びの結び方をチェック

画像でプルージック結びを解説

まずは結び付けたい対象物に対して輪っかを重ねます。手前と奥どちらに重ねても問題はありません。

輪っかの上部を重ねた側と反対側に3回まわします。このとき下の輪っかの中を通すようにするのがポイントです。

下の輪っかの中を3回通ったところでまわした輪っかの上部を下方向に引っ張ります。このとき巻いた部分が重ならないように整えながら下方向に引っ張ってください。

結びが綺麗に閉まればプルージック結びの完成です。結び目を掴んでスライドさせれば簡単に移動し、結び目の下の輪っかに負荷をかければ結び目が締まり、その位置から動かなくなります。

プルージック結びはとても簡単な結び方なので、このコラムを見ながら練習してマスターしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE