ロープワーク番外編!ロープの選び方&まとめ方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロープの頑丈な結び方を覚えてしっかり結べても、ロープが切れてしまえば本末転倒です。ロープは使用するたびに劣化が進み、どんな素材でも必ず交換しないといけない時期が訪れます。今回はロープの素材ごとの違いや選び方について、詳しく説明していきます。

ロープワークにおいて大切なこと

アウトドアで役立つロープの結び方を、以前コラムで紹介しました。その中でも解説しましたが、ロープワークとはロープの結び方・扱い方の総称です。

ロープワークを覚えれば、テントの設営などキャンプで大活躍します。しかし、どんなに強固な結び方でも、ロープの素材が悪くて切れてしまうと意味がないですよね。

結び方をマスターしたら、次に大切なのはロープの素材ごとの特徴や、太さ・長さの選び方を知ることです。自分が求めるロープはどれか、一緒にチェックしていきましょう。

ロープの簡単で丈夫な結び方はこちらをご覧ください!

ロープの素材と特徴を知ろう

ナイロン製

合成繊維ロープの中で最も強度に優れ、摩耗にも強いです。伸縮性があり柔軟で扱いやすく、衝撃をよく吸収してくれます。やや水を吸う性質があります。強度重視の方におすすめです!

ポリエステル製

摩耗に強く紫外線による劣化の影響も受けにくいのが特徴。海水にも強くマリンレジャーに使用されることも多いです。合成繊維ロープの中では重いのも特徴です。雨の日でもキャンプをする方におすすめ。

ポリプロピレン

安価なのに強度があり、比重がとても軽く水に浮くのが特徴です。紫外線に弱い素材で、着色することで日光による劣化を軽減しています。コスパ重視の方におすすめです。

太さと長さでロープを選ぶ

太さの選び方

太いロープだと強度は増しますが、かさばったり、風の抵抗を受けやすかったりします。細いロープは軽く持ち運びやすいですが、強度が心配になります。
そのため、ガイロープで使用する平均的な太さの4mmに合わせるのがベストです。

ガイロープとは、テントやタープに使用する張り綱のことを指します。

長さの選び方

テントやタープに付属されたロープを買い替えるときは、付属されたロープの長さに合わせて購入するのが無難です。

それでも不安な場合は、それよりも長めに購入してください。自在金具での調整や、ロープを切って調整することも可能なので、ある程度長くても問題はありません

結局どのロープがいいの?

迷ったら、ナイロン製の4mmを買うのがおススメです。強度があってなおかつ柔軟なロープであることが重要です。

単純に強度があっても素材が伸びないと、テントやタープ、ポールなどに急な風などの衝撃を直接与えてしまいます。実際にポールが折れてしまったり、テントやタープのつなぎ目が破れてしまう場合もあります。伸縮性のあるロープであれば、ロープ自体がバネの役割をするため、衝撃をやわらげてくれます。

より賢くロープを活用するコツ

夜も見えやすいロープを使用する

夜はロープが見えづらく、気付かず引っかかってしまって転倒する恐れがあります。子供連れの場合は特に心配ですよね。

その対策におすすめなのが蓄光・反射性能をもつロープです。昼間に太陽光を浴びせておけば、電源なしで発光します。ライトの光なども反射するので、夜でも視認性抜群で、つまずく心配はありません

簡単で丈夫なロープの結び方を覚える

「もやい結び」「自在結び」は初心者でも簡単にマスターできます
テント設営時、ハンモックを使用する際、重いものを吊るすときなど、さまざまなシーンで役に立つので、覚えておけばより丈夫にロープを活用できますよ。

それぞれのロープの結び方は、写真付きで手順を紹介しています。まだチェックしていない方は、ぜひ下記コラムをご覧ください!

ロープをきれいにまとめるには

頑丈なロープを買っても、ロープのまとめ方を適当にしてしまうと劣化しやすくなります。また、いざテントを立てるときに絡まってしまい、設営に時間がかかってしまいます。

そうならないための簡単なロープのまとめ方「棒結びについて詳しく説明します!

「棒結び」の結び方

まとめた側の先端をA、巻き付ける側の先端をBとします。

1)まとめたい長さでロープを折り返し、棒状にまとめていきます。あとでロープを巻き付けるため、B側のロープを少しあまらせておきます。

2)A側を手前にした状態で、B側のあまらせたロープを巻き付けていきます。そしてA側の輪の中に、先端Bをくぐらせます。

3)先端Aを引っ張ると、輪がひっぱられて締まります。

4)これで「棒結び」の完成です。

ほどくときは、先端Aの逆の方向に先端Bを引っ張ると、締まった輪がゆるみます。輪から先端Bを抜けば簡単にほどくことができます。

意外と早く結べたのではないでしょうか?
撤収時によく使う結び方なので、簡単に早くまとめられることがこの結び方のメリットです。

まとめ

結び方を覚えることと同じくらい、どんなロープを選ぶかも大事です。
迷ったときは、ナイロン製4mmの強度があり柔軟なロープがおススメです。棒結びできれいにまとめておくこともお忘れなく!

ロープは必ず劣化していきます
定期的に状態をチェックして、適切なタイミングで買い替えるようにしましょう。

ロープワークと一緒に覚えておきたい「ペグの打ち方」などについてはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品のあつかい方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE