レイアウトにこだわれば、キャンプはもっとおしゃれに楽しめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ場やインスタグラムなどで、おしゃれなレイアウトをよくみかけるようになりました。「自分もおしゃれなサイトを作ってみたい」と思いますが、「どうやってやればいいのかわからない…」という方も多いのではないでしょうか?そこで今回はおしゃれなレイアウトにする3つのポイントをご紹介していきます。

レイアウトをはじめる前に

まずはどの範囲でレイアウトをおこなうか決めておきましょう。
失敗しやすい例は、あちらこちらにギアを置いてしまい、統一感のないレイアウトになってしまうことです。自分の部屋のようにスペースが限られている方が、配置場所も決めやすくて整ったレイアウトを作りやすくなります

簡単な方法はタープを張って、タープ下の範囲でレイアウトをおこなうのがベターです。タープの種類や選び方はこちらからご覧いただけます。

おしゃれなレイアウトのポイント1:基本は直角平行

直角平行にギアのレイアウトをおこなうのが基本です。たとえばテーブルを中心にレイアウトをおこなうとすると、その周りに配置するチェアやギアケース、ラックはテーブルに対して平行または直角の向きで配置します。

直角平行に配置することで、規則正しく整って見えます。ひとつでも斜めの向きで配置するとその斜めのギアが目立ってしまい、全体的なバランスを崩す原因となってしまうのです。

もちろん斜めに配置しておしゃれにすることもできますが、簡単におしゃれなレイアウトをするには、直角平行を基本にするのがおすすめです。

おしゃれなレイアウトのポイント2:ギアの配置に高低差をつける

手前に低いギアを配置し、奥には棚や台を使って高い位置にギアを配置して高低差をつけるように意識してください。これはフランス料理の盛り付けでも用いられている方法で、立体感がでて見栄えがよくなります

ギアの配置に高さを出すために小物ギアは棚に配置して、クーラーボックスのような大きいギアは台にのせるようにしましょう。ギアケースを台替わりにしてみたり、キャンプ用品以外の台を使用しても大丈夫です。

直置きしない!

家でも床に直置きするよりも、棚の上にある方がきちんと配置されている印象を受けますよね。キャンプでも同じで、地面に直置きするよりも一段上がったところに配置するだけで印象がよくなります。

おしゃれなレイアウトのポイント3:ギアの色味を統一する

綺麗にレイアウトしたいのにおしゃれに見えない…」そんなことはないでしょうか?ギアを購入するときにギアのおしゃれなカラーリングが気に入って購入することってありますよね。実はその選択が逆におしゃれじゃなくなる原因になっているかもしれません。

レイアウトしたときに色にばらつきがあると、たとえギアを綺麗に並べても整って見えません。ギア選びは持っているギアの色味に合わせることがポイントで、色味を統一することで全体的にまとまってすっきりした印象に見えます。

色味を統一といっても1色のみだけという訳ではなく、1色から3色ほどの限られた色味で統一すればOKです。

おしゃれを引き立ててくれるギア

収納ケース

調味料やカトラリーのように単体でまとめにくい小さなギアは、収納ケースにまとめるだけで、整ってすっきり見えます。収納を上手におこなうことがおしゃれなレイアウトの近道になります。

小物ギア

シングルバーナーやクッカー、ランタンなどそれぞれ使用目的があるギアも、使わない間は棚に並べればおしゃれなインテリアになります。使用しないギアを持っていき、インテリアという使い方をするのもいいです。

ブランケット

コットやブランケットをかけておくだけでも印象が変わります。全体の色味に合わすのがポイントとお伝えしましたが、柄の入ったものや少し色味を変えてみても、ちょっとしたアクセントになってよいです。気分によって簡単に変えることもできるのでおすすめです。

レイアウトの楽しみ方

レイアウトの楽しみ方はギアを配置することだけでなく、インテリアになるギア選びにこだわってみたり、市販の棚やギアの色を塗り替えてみたり、レイアウトに合う棚やテーブルを自分でつくってみたりなどさまざまです。

持っているギアの種類や量は人それぞれ違うので、レイアウトには正解の形はありません。ご紹介した3つのポイントは見栄えをよくするためのベースにして、基本的には自分の好きな場所に置けばOKです。

まとめ

おしゃれなレイアウトのポイントは、「直角平行・高低差・色味の統一」です。あくまでも基本のポイントなので、必ずその通りおこなう必要はありません。この3つのポイントをベースに、自由なレイアウトを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE