大自然の中で快適にキャンプ!グランピングの魅力を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプは好きだけど不便すぎるのはちょっと…。という方にオススメしたいのが「グランピング」。キャンプ場にいながらオシャレなお家(テント)にお泊まりしているような体験ができる、キャンプの楽しみ方のひとつです!
今回はグランピングとキャンプの違いや、メリット・デメリットを分かりやすくご紹介します!

グランピングとは

グランピング(Glamping)とは、「グラマラス(魅力のある)」と「キャンプ」を掛け合わせた造語で、直訳すると「魅力的なキャンプ」という意味になります。

どう魅力的なのか?というと…
テントやキャビンなどの室内には、キャンプに関するあれこれがあらかじめ設営されていたり、お風呂やトイレもバッチリ完備され、食事も用意されているなど…
まるでホテルの豪華な一室がそのまま自然の中に現れたような感じです!

 

設営や後片付けをせずにキャンプが楽しめるなんてとっても贅沢…!

 
 

キャンプとホテルのいいとこ取り!って感じだね〜!

 

海外で生まれたグランピングは、その手軽さやリッチさから日本でも瞬く間に人気に火がつき、今では新しいキャンプの楽しみ方として多くの人から支持を得ているんです!

グランピングとキャンプの主な違い

グランピングとキャンプの主な違い

グランピング

  • ほぼ手ぶらでOK
  • あらかじめテントが設営されている
  • 食事が用意されている
  • 予備知識がなくても安心
グランピングとキャンプの主な違い-キャンプ

キャンプ

  • 必要な荷物は自分で用意する
  • テントは自分で設営
  • 食材の用意から調理まで行う
  • 予備知識で快適さが変わる

キャンプとの大きな違いは、やはり快適さ。お風呂やベッドなどの身体的な過ごしやすさはもちろん、予備知識が少なくてもキャンプが満喫できるなど、グランピングには誰もがキャンプを楽しめる魅力的なアクティビティが揃っています!

 

自分で計画できるキャンプも楽しいから好きだけど、全部お任せできるグランピングはやっぱり楽だし魅力的!

 
 

キャンプの雰囲気もつかめるし、初心者さんでもチャレンジしやすいね!

 

グランピングのメリット

ホテルのように快適にキャンプができる

グランピングのメリット-ホテルのように快適にキャンプができる

先ほども書きましたが、グランピングは、まるでホテルに泊まっているかのような快適さがあります。
室内には冷暖房、綺麗なお風呂やトイレ、ベッドなどが完備されていて、食事も最低限の調理がされていて、あとは焼くだけなどの簡単な作業だけという状態。施設によってはできたものをテントまで運んできてくれるところもあり、まさにいたれりつくせりですね。

初心者・ゆるキャンパーでも安心

あらかじめ用意が整った場所に行くだけなので、細かい準備は必要なし!ほぼ手ぶらでOKなので、初心者の方やライトにキャンプを楽しみたいグループにはぴったりだと思います。
道具がいらないので、時間さえ合えば複数人で気軽にいけるのもグランピングならでは。

まるで家にいるような快適さなので、インドア派の人も気軽にチャレンジできます。

オシャレで写真映え抜群

グランピングのメリット-オシャレで写真映え抜群

「グラマラス」という言葉がぴったり当てはまるオシャレな施設はSNS映えすることも、人気の理由の一つです!
定番のグランピングテントはもちろん、施設によってはテントの形がユニークだったり、ファンタジックなコテージやワゴンがあったりと、どこを切り取ってもオシャレなのでSNS映えすること間違いなし!

グランピングのデメリット

 

とっても魅力的だけど…グランピングにもデメリットってあるのかな〜?

 

食材などの持ち込みがダメな場合がある

施設によって違いますが、決まった食材が提供されるため、自分たちで食材が持ち込めない場合があります
「自分たちで食事の準備がしたい・好きなものが食べたい」という方は持ち込みOKなグランピング施設もあるので探してみてください!

ルールやサービスは多種多様なので、自分達に合っている施設かどうか、事前にしっかりチェックしましょう。

料金が気になる

完備された設備、充実した食事、素敵なサービスやロケーション…となると、やはり費用もそれなりにかかるもの。
予算を気にされる方は、可能であれば繁忙期を避けて予約してみたり、大勢で予約して一人あたりの値段を下げてみるなどの工夫をしてみましょう!

 

大勢で割り勘すれば、普通にキャンプするよりお得な場合もあるかも…!?

 

グランピング施設を紹介!

※キャンプ場の写真は事前に許可を得て使用しております。無断転載はご遠慮下さい。

Grand Chariot グランシャリオ 北斗七星(淡路島)

グランピング施設を紹介-グランシャリオ北斗七星淡路島-室内

淡路島のおすすめキャンプ場紹介」でも掲載させていただいた、グランシャリオ北斗七星さんは、大人気のグランピング施設!
木の香りに包まれた室内に癒され、晴れた夜には天窓から星空を眺め…贅沢なひとときが過ごせそうですね…。

FBI(First Class Backpackers Inn Awaji)

グランピング施設を紹介-FBI(First Class Backpackers Inn Awaji)-レストラン&バー

こちらも同じく「淡路島のおすすめキャンプ場紹介」で掲載させていただきましたFBIさん。大人のオシャレな雰囲気を楽しみたい方にはかなりおすすめ!

グランピング施設を紹介-FBI(First Class Backpackers Inn Awaji)-スタイリングテント「JERRY」

スタイリングテント「JERRY」は、テント内に絨毯、テーブル、チェア、ダブルベッドが設置されていて、自然をより感じながら贅沢な時間を楽しめます。

贅の極み!グランピングの朝食

贅の極み!グランピングの朝食

グランピングでやはり楽しみなのがごはん!特に朝食は格別で、さわやかな空気の中、用意された豪華な朝食をのんびりといただく贅沢な時間を堪能できます。美味しい料理があると、朝から気分も盛り上がりますね。

グランピング施設を紹介-グランシャリオ北斗七星淡路島-朝食

先ほどご紹介したグランシャリオさんでは淡路島のお米や自社農園のとれたて野菜を朝食に使用。食事にこだわっている施設を中心に探すのもよさそうですね!

グランピング施設を紹介-FBI(First Class Backpackers Inn Awaji)-朝食

エスニックな雰囲気に包まれたFBIさんのレストラン&バーで、海をバックに賑やかな朝食、なんてのもアリ…!

 

贅沢なごはんはグランピングの醍醐味ですね!より素敵な時間が過ごせそう!

 
 

こんな朝食が食べられるなんてしあわせ〜!

 

まとめ

グランピングとは…

  • 用意が最低限で済む
  • 初心者でも安心
  • 手軽に楽しめる
  • オシャレで写真映え間違いなし
  • ホテルのような室内にいながら自然と触れ合える
  • 大人数で行くほど値段を抑えられる
  • 食事にこだわって探すのもアリ!

いかがでしたか?普通のキャンプはちょっと苦手だけど、アウトドアでリフレッシュしたい!という方にとっては、優雅に自然を楽しめるグランピングはまさにうってつけです。

大勢で行くほど料金が安くなる施設も多いので、家族や友人グループを誘ってワイワイ楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加