秋・冬キャンプの寒さ対策はこれで決まり!防寒対策まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏シーズンは、キャンプ場はどこもかしこも大にぎわい!

でも、中には
「キャンプはしたいけど人混みは苦手」
「キャンプには興味あるけど暑いのは無理」
「キャンプはやってみたいけど虫は嫌」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、季節を少しずらして秋にキャンプをしてみると混雑せずにゆったりとキャンプを楽しむことができることをご存知ですか?

 

秋はメリットがたくさん!

涼しくなると虫が少なくなるので、苦手な方でも安心してキャンプを楽しむことができます。

 

ここで気をつけなければいけないのは、何と言っても寒さ対策です!

秋になると1日を通して寒暖差が激しくなってきますので「日中は暖かかったのに夜は冷えて眠れない!」ということも・・・。

 

キャンプで楽しい思い出を作りたいのに、寒さで体調を崩してしまっては台無しになってしまいます。

日中は暖かいからといって油断せず、夜の気温も考えて寒さ対策をしてから出発しましょう!

今回は、秋・冬キャンプを快適に過ごすための防寒対策を紹介します!

着脱しやすい服装

服装は、着脱しやすい上着を準備しておくと良いでしょう。

秋でも日中は気温が上がり暖かく感じると思いますが、日が沈むと急激に冷え込み、キャンプ場によっては20度近く気温が下がることもあるそうです。

 

特に注意が必要なのが9月〜10月上旬にかけてです。

この時期は、まだまだ暖かいため、夏の気分で準備すると長袖や厚手の上着などを持って行くことを忘れてしまうからです。

また、キャンプ場によっては天気予報の最低気温よりも5度近くも低くなることがあります。

キャンプ場の最低気温を把握するなら、tenki.jp がオススメです。

出発する前に、チェックから秋キャンプを楽しみましょう!

https://tenki.jp/leisure/camp/

フリース

特にフリースは暖かく動きやすいのでおすすめです。

スウェット

スウェットも動きやすいのでおすすめです。

中地がフリース生地になっているものがあればなお良しです!

 

防寒具・小物

防寒具

まだ、秋なので防寒具をフル装備で整える必要はありませんが、いくつかのアイテムを持って行っても損ではないと思います。

ブランケットは、様々な場面で効果を発揮できるのでオススメです。

  • 手袋

  • ネックウォーマー

  • レッグウォーマー

  • ニット帽

  • ブランケット

  • 厚手の靴下

小物

寝袋の足元などに湯たんぽを入れて温めておくと冷えた足先にしみますね。

  • ホッカイロ

  • 湯たんぽ

 

地面からの冷気を遮断するキャンプマット

キャンプ泊に欠かせないものが「キャンプマット」です。

キャンプマットや銀マットは、ゴツゴツした地面との間のクッションになりますが、それに加え、地面からの冷気を遮断しテント内の温度を保ってくれる優れものです。

秋キャンプ、または冬キャンプでは地面からの冷気で思っている以上に冷え、そのまま寝袋(シュラフ)で寝ると地面からの冷気で体を冷やしてしまうかもしれません。

テント泊には、欠かせない重要なアイテムです!

また、オートキャンプに『電源』が付いているサイトであれば、電気カーペットとキャンプマットを併用して暖房するのも良いでしょう。

キャンプマット

VASTLAND – キャンプマット

 

スカート付き4シーズンテントで足元の冷気を遮断

スカートとは、テントと地面の間に付いているヒラヒラした部分のことです。

4シーズンテントは、その名の通り春夏秋冬一年を通して使用可能なテントでスカートが付いています。

一般的なキャンプ用テントは夏の使用を想定して設計されており、通気性を良くするため壁がメッシュ生地になっています。

しっかりと、暖房すれば耐えられないほどではありませんが、風通しが良いので肌寒くなる秋キャンプや、冬キャンプには少し不向きかもしれません。

4シーズンテントの場合、スカートがあることで雨風の吹き込みを抑え保温性・保湿性に優れていて、さらにスカートが付いていることで虫の侵入を防ぐこともでき、一年を通してキャンプをしたい方にはオススメのテントです。

暖房器具で夜の寒さ対策

冬キャンプや冬に近い秋キャンプでの防寒対策は「断熱」だけでなく「暖房」をすることもおすすめです。

テント内を温めるには薪や灯油、電気を使ったストーブが効果的です。

足元を温める程度ならカセットガスヒーターでも十分温めることができます。

 

【注意】

テント内で火器を使うことは危険を伴うため、自己責任でご判断ください。

一酸化炭素中毒になってしまったり火災が発生する危険があるため、十分換気をしたり就寝前には必ず電源をオフにすることを強く推奨します。

 

薪や灯油を運ぶのがめんどうだという方は、電気ストーブを利用すると良いでしょう。

オートキャンプの電源を使用すると、電気カーペットや電気ストーブを使うことができるので薪の調達や灯油を持参する必要がなく楽に暖房することができます。テントサイトに電源があるのか、事前に確認しましょう。

 

【注意】

電源サイトを使用する際には、「消費電力」に注意しましょう。

消費電力の大きい電化製品を使用するとキャンプ場のブレーカーが落ちます。

ほとんどのキャンプ場では1サイトあたり1000W(10A,100V)としていますのでその範囲内で電気を使うようにしましょう。

ブレーカーは複数サイトが共有しているため、一部の利用者があまり電気を使用していない状態であれば、少々想定電力を上回ったとしてもブレーカーは落ちません。

しかし、一度ブレーカーが落ちてしまうと復旧までに数十分かかることもあり、他のキャンパーやキャンプ場オーナーに多大な迷惑をかけてしまいます。

電化製品を使用する際は自身の使用電力とキャンプ場で使用できる電力をしっかり把握し各キャンプ場のルールの範囲内で電力を使うようにしましょう。

 

電気ストーブは消費電力が小さいですが本体が高熱を帯びるため転倒して火災が起きてしまったりやけどをしてしまう危険があります。

一方、セラミックヒーターは小型エアコンのようなものなので火災ややけどの心配はありませんが消費電力は大きいです。

どちらも一長一短ですね・・・

キャンプ場の使用可能電力に応じて決める必要があります。

キャンプといえば焚き火

キャンプの醍醐味、焚き火です。

秋の寒い夜でも心と体を温めてくれる素晴らしい存在です。

炎を囲んで温かい飲み物を手に、親しい仲間と他愛のない話をする時間は何物にも代えがたい、とても楽しいひと時となるでしょう。

 

【注意】

芝生サイトのキャンプ場では、芝生が燃えてしまう可能性があるため、焚き火が禁止されている場所もあります。

キャンプ場のホームページを確認したり、電話で問い合わせをするなどして事前にルールを把握しておきましょう。

まとめ

さて、今回は寒暖差が激しくなる秋キャンプや、冬キャンプでの防寒対策について書いてみました。

この情報がお役にたてれば幸いです。

秋キャンプには夏のキャンプとは一味違った楽しみがあります。

毎年シーズン中は必ずキャンプをする玄人キャンパーも、夏の虫や暑さに抵抗があって一歩踏み出せない初心者キャンパーも、普段は感じることができない刺激を求めて秋キャンプに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加