片付け上手になる3つのポイント!キャンプの後片付けはこれで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しいキャンプが終わると必ず待っているのが後片付け。

キャンプは好きだけど、後片付けはめんどくさいから嫌い!という方や、片付けがあるからキャンプに行くとなると腰が重い…という方もいるのではないでしょうか?

片付けがスムーズに終わるように事前に段取りを把握しておくと、片付け時がとても楽になります!

また、ゴミは分別してゴミ袋に集めながら楽しむことで、片付けを減らすことができます。

ゴミの処理は、キャンプ場でのマナーになります。必ず守りましょう!

 

片付けの中で特にめんどくさいと感じるのが、「食器などの洗い物」「テントの片付け」「ゴミ処理」の3つ!

今回は、この3つに絞って後片付けのポイントをお伝えします!

食器などの洗い物

夜はお酒を飲んでワイワイしてしまいますよね!

楽しいひと時を過ごして、そのままパタっと寝てしまいたいのはわかりますが、翌日の朝までにできるだけ片づけておくと朝がとっても楽になります!

また、翌朝洗うと汚れがこびりついてなかなか落ちなくなったり、食べ物をそのまま放置しておくと野生動物や虫がくる可能性もあるので、これだけはどうにか頑張りましょう!

オートキャンプ場は大体朝7~8時になると、朝ご飯を済ませて食器や鍋などの洗い物をしようとする人でいっぱいになります。

 

混まない時間帯になるべく鍋など時間のかかる食器は洗っておく。

【注意】

炊事棟に食器などの洗い物を水につけて放置するのは、マナー違反です!

他のお客さんが利用できなくなり迷惑がかかります。

また、合成洗剤の使用を禁止しているキャンプ場もあります。

これは、水生生物の生態を壊す可能性があるため禁止されているそうです。

 

キャンプ場でよくあることなのですが、炊事場に洗剤やスポンジが無かったり、あっても使えたもんじゃないぐらい汚れていることもあります。

自宅からスポンジを持参するか、キャンプ場では最低限の洗い物にして、それ以外は自宅に持ち帰って洗うのをおすすめします!

 

洗う前にキッチンペーパーやウエットティッシュ、スクレーパーで油汚れが強いものを拭いておくと洗う時の手間がものすごく省けます

 

汚れを落とすポイントとしては、洗う前にキッチンペーパーやウエットティッシュで油汚れが強いものを拭いておくと洗う時に手間がものすごく省けます!
最近ではスクレーパーというゴムベラのようなもので食器に沿ってこそぐヘラもあるのでそちらもおすすめです。

BBQで使った焼き網は、ところどころお肉がひっかかって洗いにくいと感じると思います。

そういうときは・・・

炭やバーナー、チャッカマンで焼き切ってしまうと灰になって落ちやすく、ある程度簡単に洗うことができます。

もし、炊事場に食器やお鍋を持っていって洗いたい場合、便利なのが「かご」「バケツ」です。

 

オススメしたいのが折りたためるソフトなタイプのバケツです。

やわらかいタイプの素材なので、コンパクトに折りたためるため、とても重宝されています!

折りたたみバケツ

VASTLAND – 折りたたみバケツ

テントの片付け(自分で用意している場合)

テントやタープの片付けですが、天気がよければ撤収する前にきっちりと乾かすのが基本です!

 

乾かさずにしまうとカビが生えるのはもちろん、裏面に防水加工を施したテントやタープは、湿気を帯びた状態で長期保存するとべたつきが生じてしまいます。

 

べたつきは防水性低下や、破れの原因になるので、絶対に乾かしてください!

乾かす方法は、地面に広げたり、ロープを張ったポールにかけたり、車の上にかけたりとやりやすい方法で行ってください。

テントを乾かす方法地面に広げる

 

テントを乾かす方法車の上にかける

 

 テントのたたみ方ですが、テントってうまくいった試しがないですよね。

そんな時は、下の図のようにポールやフレームを芯にして巻けば、ぴっちりとまとまります。
テントは空気を抜きつつ四角形を目指してたたんでください。

テントのたたみ方ポールやフレームを芯にして巻く

 

雨の日は、持ち帰ってから必ず乾かしてください!

雨が降っている中テントやタープを収納袋に収めるのは大変なので、大きめの防水バッグやビニール袋を事前に用意しておいて持ち帰ってから乾かしましょう!

雨の日はテントをいったん防水バッグやビニール袋に入れる

 

 家に帰ってからは、ベランダにかけたり、カーポートに広げたり、日当たりのいい場所に広げてしっかりと乾かしてください!

 

ゴミ処理(ゴミの分別)

キャンプ場についたらゴミの分別方法について用紙をもらえるので、きちんと目を通しましょう!

ゴミの分別や処分は、キャンプ場でのマナーです。必ず守りましょう。

 

まずは、ゴミが出る前に分別を行いましょう。

あらかじめ、「ペットボトル」「瓶・缶」「生ゴミ」「燃えないゴミ」とゴミ袋を決めておきます。

 

ゴミ袋はやぶけてしまうと漏れてしまいますので、袋を二重に重ねるか、ダンボールで箱を作って漏れないように工夫しましょう。

 

分別をしないと、後から缶とペットボトル分けなきゃいけなかったのか…と、面倒なことになってしまいます!あらかじめ、分類されたそれぞれの袋やごみ箱を用意しておくと最後に持っていくときに楽になります。

分類を間違って入れてしまう可能性があるので、この袋は何の分類なのかをサインペンで書くことをオススメします!

分別用のゴミ箱や、ゴミ袋を用意!

先ほどもお伝えしましたが、汁漏れや、破れないように袋は二重にしておくのがおすすめです!

また、キャンプ時はついつい食材や飲み物をたくさん買ってしまいがちです。そのため食べ残しや飲み残しがたくさん出てしまいます。

キャンプの参加人数をきっちりと把握してどのくらい必要かを考えて購入するようにしましょう!

また、家庭にゴミを持ち帰った場合も、分別することによって処分しやすくなります。

 

折りたたみバケツ

VASTLAND – 折りたたみバケツ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャンプ後の片付けの細かいところは他にもまだありますが、今回は最もめんどくさいと思う3点のみご紹介しました!

キャンプに行かれた時に、役立てていただければと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加