テントを購入する前に種類をチェック!あなたに合ったおすすめテントはこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ地にあるもう一つの「我が家」。家選びと同じように、テントもしっかりと考えて選びたいですよね。自然を感じたいタイプ向け、快適さを重視する形など、「自分にはどんなテントが合っているの?」と迷っている方は購入前にぜひご一読ください!

テント選び最大のコツ

それはズバリ自分が使うシーンを想定すること

例えば、友達とワイワイ楽しむバーベキュー用?家族と楽しむキャンプ用?ソロキャンプでまったり用?フェスや運動会用?

などなど、自分の使いたいシーンを考えることが、テント選び一番のポイントになるのです。

それを踏まえた上で、テントにはどんなものがあるかを見ていきましょう。

テントの図解

テントにはシングルウォールテントダブルウォールテントがあります。
ざっくり説明すると、シングルウォールテントは生地が一層のみ、ダブルウォールテントは生地を二枚重ねる形です。

シングルウォールテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-シングルウォールテントの図解
  • ワンタッチ式のものに多い
  • 生地が1枚なので軽い
  • ダブルウォールに比べると雨風・結露に弱い
  • 設営が簡単
  • 登山や日帰りキャンプなどに向いている

ダブルウォールテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ダブルウォールテントの図解
  • 設営に慣れが必要
  • 雨風・結露に強い
  • 前室があるため荷物スペースが確保できる
  • 一般的な泊まりのキャンプに向いている

キャンプではこれといった理由がないなら、雨風や結露に強いダブルウォールテントを利用することをおすすめします。

テントにはどんな種類(タイプ)がある?

ドームテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ドームテント

よく見かけるのはこの形のテントではないでしょうか。テントにしっかりとポールが入っているため横風に強く、初心者からベテランまで幅広く使われているテントです。設営が簡単にできるため、キャンプの入門(初心者)にうってつけ。

ツールームテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ツールームテント

ドーム型テントとタープが一体になったテントです。就寝スペースとは別にリビングスペースがあるため、より快適にキャンプが楽しめます。タープと違ってプライベートが保たれるのもポイントです。ファミリーキャンパーに人気があります。

ティピー / ワンポールテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ティピーテント/ワンポールテント

ソロキャンプ用から大人数キャンプまで、サイズ幅が広くあるのがティピー(ワンポール)テント。テント生地をポールで立たせて引っ張るため三角形になります。人気女性ソロキャンパー”こいしゆうかさん”が使用していたこともあり、女性人気の高い商品です。

ワンタッチ/ポップアップテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ワンタッチテント

傘を開くようなイメージで、驚くほどかんたんに設営ができるのが特徴。泊まりや性能部分には少し不安がありますが、晴れた日のデイキャンプなどにはうってつけです。メインではなく、子供のためのサブテントとしての使い方もアリです。

ヴィンテージ / ロッジ型テント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?-ヴィンテージ/ロッジ型テント

70年代に人気を博したロッジ型テント。その名の通り、家のような形が特徴的です。最近のキャンプブームの影響で、再熱傾向にあるためこちらも要注目…!?

その他のテント

テントを購入する前にチェック!失敗しないためのテント選びとは?その他のテント

寝転がることをメインにしたものや、寝室の入り口が内側にあるもの、傘のような形など、他にもテントの種類は様々あります!面白い形がたくさんあるので、ぜひ調べてみてください!

テントの大きさと最適な人数

テントの大きさは、寝転がれる最大の人数で表記されている場合が多いです。ですので、快適に寝返りをうてる、窮屈に感じないテントが良い場合は「実際にキャンプへ行く人数+1〜2人」の少し大きめなサイズを選ぶのがオススメ。

ソロキャンプに合うテントの大きさ

ツーリングキャンプなどの場合は、バイクの荷台に乗るスペースは限られているため、軽さ・コンパクトに気をつけたいところ。車の場合は、荷室に余裕があるので大きいサイズのテントでもいいですね。
炎天下や急な雨などの天候による荷物の管理や快適さを考えると、前室が確保できる2〜3人用の少し大きいものがやはりおすすめです。

家族でキャンプ(4人〜)に合うテントの大きさ

ツールームテントやトンネル型のテント、大きいサイズのワンポールテントなど、広く快適なスペースが確保できるものが◎。
グランピングのような快適さとリッチな感じを求めるのであれば、2人分ほど大きめのテントにしましょう。

夏場にキャンプする場合は暑さも気になります。夏はテントスペースを小さくしてタープスペースを広めに取れるテントがオススメですよ。

こんなキャンパーならどんなテント?

もしこんなキャンパーがいたらどんなテントがピッタリだろう、という例をいくつかあげてみました!あなたは誰の使用イメージに近いでしょうか?

例1

 

キャンプに以前から興味があったので、今度の夏ソロキャンプに挑戦する予定。まずはフリーサイトで一泊してみる。ハマれば今後も様々な場所でキャンプしてみたい。道具にはこだわりたいタイプで、できれば大事に長く使っていきたい。

 

30〜40代の男性初心者ソロキャンパー、移動手段は車かバイク、こだわりが強いタイプという印象ですね。

【こんなテントがいいかも】

  • 価格帯:1~4万円程度
  • 1人~2人用サイズ
  • ダブルウォールテント
  • ある程度耐水性があるもの(1500mm~2000mm程度)

長くキャンプを続けていきたい気持ちの強い方は、しっかりとした機能性の良いテントがオススメです。キャンプ初心者でとりあえず体験してみたい方にはまずは手頃な価格のテントからスタートして感覚を掴んだ後、道具の選定にこだわってみてはいかがでしょうか。

例2

 

夏休みを利用して家族4人でオートキャンプに行く予定。寝泊まりは雰囲気が出るからテントがいいけど、今後使う頻度は少ないかもしれない…。妻や子供が快適に過ごせるのが一番大事かな。

 

4人家族のファミリーキャンパー、車で年に数回キャンプに行く程度でしょうか。あまりテントを広げる機会がないかもしれませんね。泊まりでなく、バーベキューなどのデイキャンプもありそう。

【こんなテントがいいかも】

  • 価格帯:2~6万円程度
  • 4人~5人用サイズ
  • ドームテント+タープ

「家族で快適に」という点ではダイニングスペースが確保できる、人気のツールームテントもピッタリですが、キャンプに行く機会が少ないようですので、融通のきくドームテント+タープにしてみてはいかがでしょうか?
バーベキューであればタープのみでも使用できますし、キャンプの場合はテントをつけるだけで使用できます。
テントの目的が寝るだけやデイキャンプでの利用のみの方、またはテントの設営に時間をかけたくない方は、簡単なワンタッチドームテントがおすすめですよ。

タープの魅力はこちらでご紹介しています。ご参考にどうぞ!

例3

 

働いている女子3人でキャンプを計画中!今後も時間が合えば一緒にキャンプに行きたいけど、慣れてきたらソロキャンプにも挑戦してみたいな!可愛く設営してSNSにアップしたい!

 

20代〜30代の女性初心者キャンパー、移動は車、SNS好き、ソロキャンプに興味ありという感じですね。

【こんなテントがいいかも】

  • 価格帯:1~4万円程度
  • 1人~2人用サイズ
  • ティピーテント
  • ある程度耐水性があるもの(1500mm~2000mm程度)

ソロキャンプもしてみたいという点から、ソログループキャンプを想定して、1人用テントの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
特にティピーテントは見た目も可愛く、1人用でも高さが十分あり広く感じるので、女性ソロキャンパーの方々も多く愛用されているオススメテントです。

まとめ

キャンプの楽しみ方に合わせてテントも千差万別。一番大事なのは本当に自分に合っているかです。購入の前にしっかりと機能や性能を見て、使うシーンを想像していきましょう!

  • 使う人数を想定する
  • 自分のキャンプスタイルを決める
  • 設営の時間を考える
  • 耐水性などの性能をしっかり確認する
  • 好みや見た目にこだわる
  • 予算に合わせる
  • 「なんとなく」「流行り」「安さ」だけの購入は避ける

以上の点に注意してテントを選んでいくと、自分にぴったりのテントに出会えるはずですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VASTLAND編集部
VASTLAND編集部
キャンプ用品のあつかい方、キャンプ場情報、キャンプ料理のレシピ、キャンプノウハウなど、初心者の方にもわかりやすいキャンプ・アウトドアにまつわる情報をお届けします!

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE