キャンプ場の種類について。初心者におすすめのキャンプサイトとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ初心者には、オートキャンプ場やフリーサイトのようなキャンプ場の種類がよくわかりませんよね。そもそもどんな種類があって、はじめてのキャンプではどんなキャンプ場がいいのか困ってしまいます。今回はキャンプ場の種類や特徴、はじめてのキャンプにおすすめのキャンプ場をまとめました。

キャンプ場の種類

オートキャンプ場とキャンプ場

キャンプ場を検索するとよく目にするのはオートキャンプ場ではないでしょうか?

オートキャンプ場とは、キャンプサイト内に自動車を乗り入れることのできるキャンプ場のこと。オートがついていない普通のキャンプ場は、キャンプサイトとは別に自動車を停める場所があります。

キャンプ場の種類としてはこの2種類になります。

オートキャンプ場の特徴

オートキャンプ場はキャンプサイト内に自動車の乗り入れができるので、荷物を運ぶ距離が短く、設営と撤収作業がとても楽にできます

しかし、自動車が近くにあるので、エンジン音やドアの開閉音が気になってしまうかもしれません。キャンプ場にもよりますが、自動車が通るのでキャンプサイトの地面の状況があまりよくないこともあります。

キャンプ場の特徴

オートキャンプ場とは違い自動車がキャンプサイトに入ってくることがないので、余計な騒音もなく地面の状況も良好です

ですが、駐車場から荷物を運ぶのが大変と思う方も多いはずです。そんなとき、アウトドアワゴンがあれば楽に荷物を運ぶことができますよ。

アウトドアワゴンについて詳しくご紹介しているコラムがありますので、まだお持ちでない方はぜひ参考にしてみてください。

キャンプ場内の「テントサイト」、つまりテントを張ってキャンプを行う場所にも違いが存在します。次にそのテントサイトの種類を詳しく見ていきましょう。

テントサイトの種類

区画サイト

区画サイトは、分譲住宅地のように1グループごとのスペースを植木や丸太などで区切られたサイトのことです。

予約をおこなうとその区分けしたスペースに割り当てられます。つまりあらかじめテントを張る場所、使用できるスペースが決められているということです。

フリーサイト

フリーサイトは、キャンプ場内であれば自由にテントを張れるサイトのことです。

使用するスペースが決められていないので自由なレイアウトが可能です。しかしその反面、テントを張る場所は先着順になるので、木陰があるようないい場所を確保するには朝早くにキャンプ場に到着する必要があります。

電源付きサイトも要チェック

電源付きサイトとは、キャンプサイト内に電源の使用が可能なコンセントが備えつけられているサイトのことです。

電源なしのサイトに比べて料金が高くなってしまいますが、暑い季節は扇風機が使えたり、寒い季節は電気カーペットやこたつなどを使うことができます。

電源があるだけでキャンプでの快適さや利便性が増すので、状況に応じてうまく使い分けましょう。

初心者におすすめは『区画サイト』

キャンプ初心者におすすめのキャンプ場は、区画サイトのキャンプ場です

ほとんどの区画サイトは、車を横付けできるオートキャンプ場になっているので荷物の運び入れも楽にできます。

なぜ初心者に区画サイトがおすすめかというと、フリーサイトは先着順でサイトを確保していくので、混雑時にテントを張る場所を確保できないことがあります。また、広大なスペースからテントを張る場所を決めるのは、初心者には意外と難しく感じることもあります。

区画サイトなら、予約ができれば自分のサイトが決まり、使えるスペースも区切られていて明白なので、初心者でもキャンプをしやすい環境だといえます。

ロッジやバンガローもおすすめ

キャンプ場によっては、ロッジやバンガローのような宿泊施設も併設している所もあります。

ロッジとバンガローは、テントに泊まらずキャンプ体験を楽しむことができる施設です。テントに泊まることだけがキャンプではありませんので、はじめはこういった施設を利用すれば、より気軽にキャンプを楽しむことができます。

ロッジやバンガローについて詳しく知りたい方は、こちらのコラムをご覧ください。

まとめ

キャンプ場の種類とテントサイトの種類をご紹介しました。

キャンプ初心者には区画サイトのような、使用する場所や範囲に明確な制限がある方がスムーズにキャンプをおこないやすいです。

また、電源付きのサイトであれば割高ではあるものの利便性が増しますし、ロッジやバンガローを利用すればテントに泊まらずキャンプを楽しむこともできます。あなたのレベルにあったキャンプ場選びの参考にしてみてください。

そしてキャンプに慣れ始めたら、フリーサイトを利用して自由なレイアウトを楽しむキャンプをするのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 直也
山本 直也
和歌山県田辺市を拠点に、キャンプ・釣り・山菜採りなどアウトドア中心の生活をしている。週末には必ず山奥に行き自然の中で過ごす。釣り歴は特に長く、今年で20年になる。

キャンプに必要なギアを
今すぐチェックしよう!

vastland製品イメージ
オンラインストアで購入
ONLINE STORE