”秋キャンプ” 今さら聞けない!うまく焚き火を燃やすコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプに欠かせない焚き火は、防寒や料理に利用することもできます。

コツさえ掴めば、簡単に火を起こすことができるのでチャレンジしてみては如何でしょうか。

地面に直接、薪を組んで火をつけることを直火といい、キャンプ場によって禁止されています。

焚き火を起こす場合は、焚き火台を使うなど直接、地面が燃えてしまわないよう工夫しましょう。

今回、焚き火を起こすための焚き火台になるオクタゴンロを使用しています。

焚き火を起こすための道具と材料の準備を確認していきましょう。

直火(じかび)・・・

直かに火を起こすこと。

焚き火台とは・・・

焚き火を使用する時の台。直に火を起こすことを防ぐことができる。各メーカーがいろんな形で販売している。

オクタゴンロとは・・・

八角形の折りたたみ式のコンロ。焚き火以外にBBQにも使用できる。

オクタゴンロ

VASTLAND – オクタゴンロ

焚き火に必要な道具と材料

薪はホームセンターでも購入できますが、はじめに火を起こす薪(スギやマツなど)に関しては、現地のキャンプ場で集めることができます。

拾って集めることができないキャンプ場の場合もあります、事前に確認しておきましょう。

  • 焚き火台(オクタゴンロ)
  • 薪(スギやマツなどの針葉樹)
  • 薪(ブナなどの広葉樹)
  • 固形の着火剤
  • 紙(新聞紙など)
  • チャッカマン、ライター、ターボライター

 

POINT1、薪の組み上げ方に工夫が必要

はじめに、固形燃料や紙、新聞紙などの着火剤を用意し、一番下にくしゃくしゃに丸めて中に空気が入るように置きます。

次に、細い薪や木の枝、割り箸でもOKなので紙の上に揃えて八の字手前が横に広がるように組みます。

さらに少し太めの薪を組み上げていきます。積み上げた中に空気が入って、上に燃え上がるイメージで薪を積み上げています。

 

POINT2、前後左右からくまなく空気を入れるコツ

中からまんべんなく火が回るように、前後左右から火を点火していきます。

一通り火がついたら、火が大きくなるのを待ちます。待つことがポイントです

 

POINT3、太い薪を使って熾火をつくる!

 

火が強く舞い上がるようになれば、太めの薪をくべていきます。

広葉樹の木は、針葉樹の木と違い、なかなか火がつきませんが火がつくと長く燃え上がります。

 

 

焚き火の完成

広葉樹の木にまんべんなく火が燃えれば、焚き火の完成です。

火は大きく燃え上がります。

補足…

焚き火を使った料理の記事も参考に楽しんでみてください。

秋の醍醐味!焚き火で作る美味しいキャンプ料理レシピ

秋キャンプ必見!焼き芋を甘い黄金色に焼く方法

まとめ

薪の火をつける順番と、薪の積み上げ方を守って作業すれば失敗することはありません。

また、炭と違い火は縦に大きく燃え上がります。焚き火で料理を行う場合は十分注意しましょう。

火力が強いため、周りにテントなど燃えやすいものはないか、また子供にも十分注意して楽しみましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加